Home > silly talk > Never take it for granted

Never take it for granted  Never take it for granted

最近急に思ったこと。

こんな事当たり前に皆が知っているだろうと、自分では記事にしないような出来事を、素直な気持ちで書いている方を見て、自分にくだらない制限をかけていた事に気づく。
別に誰かに評価されるために書いている訳じゃないし、オチが無きゃダメな落語やコントを書いているのでもないんだもの、もっと気楽に思ったことを書けばいいのに。

だからと言って、見たもの感じたものをただ垂れ流しにするのであれば、それは鍵の付いた日記帳に書いて誰にも見られないようにするべき。
特に負の感情が込められた文章に影響されやすい私は、本人が如何に良い人だったり、友人であったりしても、絶対にそういうブログやエッセイは読まない。(実際にそういう人がいるという意味ではないです、今のところ)

かと言ってポジティブな事だけを書き連ねていたら、それはそれで全部が事実だとしても空々しくなるだけだと思うけれど。

とりあえず、子供の頃からの悪い癖である「人から笑われるかも知れないから」という自分への縛りは一旦脇に置いて、まずは自分が楽しむ事を心がけようかと、一年の1/4が過ぎてからやっと思いついた次第(^^;

毎度ながら、タイトルと文章には微妙にズレがあります。
最近覚えて、気に入っているので使ってみたかっただけです(笑)

Comments:2

モーリス April 5, 2010 9:00 PM

ご無沙汰しております。お元気にしていらっしゃいますか?

うーーん。負の感情の表現公開については、私としても自分のブログでも書いた通り、かなり敏感になってます。
どんな事情があったにせよ、ネット公開は良くないと思うんですよ。

辛いとか悲しいだけじゃなく、むかつくなんて言葉も頻繁に使って欲しくないですよね。

ところで、そのネガティブな発信元はどこなんですの?
こっそりメールで教えてくださいな。^^
あ、ハンドメイドの件でもお知らせしたいことがあるんで、どうぞ宜しく。

神渡 りり Author Profile Page April 10, 2010 10:35 PM

お久しぶりです。
精神的にはなんだかんだと、ずいぶんと長い間低迷中です(^^;
肉体の方はまあ年令なりの衰え方じゃないかと思いますが、無駄な抵抗はしたくないと思いつつも、何もしないと急降下しそうで怖いです(笑)

負の感情ですが、難しいです、何処まで書くか、という線引きは。
少なくともエッセイや小説は、自分に影響しそうなものは控えたりできますが、ブログ等でいきなり豹変されたら困ります(^^;

かつての同僚ですが、一緒に働き始めてみると、ほぼ毎日何かしらについて「むかつく」って言うんですよ。
自分の中の「むかつく」はかなり本気で感情を害しているレベルなので、その人の気持ち(だと思うもの)を私も感じて毎日気分が悪くなっていたんです。
あまり毎日言うので、それこそ私がむかついて来たんですが、その人にしてみたら、小石に躓いてもむかつくという程度だったようで、それがわかってからは、適当に別の言葉に置換して右から左に聞き流す事で乗り越えました。

と言うわけで、言葉って本当に難しいです。
そんな自分がブログだのTwitterだのでアレコレと書いていいのだろうかとも思いますが。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://lillicat-kingdom.com/cgi/mt42/mt-tb.cgi/1841
Listed below are links to weblogs that reference
Never take it for granted from ねこまんだら

Home > silly talk > Never take it for granted

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top