Home > cats > nekocolumn Archive

1

nekocolumn Archive

「子猫殺し」を書いた坂東眞砂子の意図がわからない  「子猫殺し」を書いた坂東眞砂子の意図がわからない

地域猫の作り方というブログや、のら猫学入門というサイトを運営しておられるちゃま坊さんという方が「子猫殺し」という記事を書かれていたので、ご紹介したかったのです。

「子猫殺し」(地域猫の作り方)

実際の記事全文は日経新聞の18日付夕刊を読まないとわからないのですが…。
お近くに日経新聞の販売所があればバックナンバーを買うことが出来ます。
私はとあるところから偶然全文を引用したブログをみつけたので、そちらを読みました。

お近くに販売所がない方は図書館などで探してみてください。
図書館も近くにない方は、追記にリンクを張りましたので、そちらでお読みください。
(ただし、余計な情報なしで記事だけ読んで欲しいので出来れば新聞をお読みください)

あまりに恐ろしい考え方だと思います。
さらに恐ろしいことには、この坂東という作家の考え方に共感できるという意見を言っている人がいたことです。
ミクシィというソーシャルネットワークの中にいる一部の人たちです。

しかし、私には作家のコラムを読んだあとの、どうしようもない気持ちを整理して言い表すことができず、ミクシィでは反対意見を書くことは諦めました。

私自身、猫達に不妊手術をした事に付いて、多少なりとも「ものを言えない相手に有無をも言わさずに痛い思いをさせた」という負い目を持ち続けたままでいるから、反対意見を書いていてもきっと説得力がないだろうと思ったのです。
(説得する必要はないのかも知れませんが、下手なこと書いて炎上してしまうのも恐ろしいので…)

ウチの3にゃんずは、私が保護しなかったらおそらくは死んでいたでしょう。
(私が助けてやったという意味ではありません。そういうタイミングで出会ったというだけです)
この世に生を受け、私が助けたからには大事に育てたい。
けれど、3にゃんずと同じ思いをする猫をこれ以上出してはいけないという思いからの苦渋の選択が不妊手術だったからです。

猫は家畜です。
野生動物なら増えすぎたら餌の取り合いになり、餓死したり、殺し合いをしたりで、自然淘汰が起こります。
しかし、しつこいようですが、猫は家畜です。
飼い主が繁殖制限をしないから、野良猫が問題とされるような状況が起こるのです。

北陸の80匹のSOSも最初は3匹です。
それが数年で100匹です。
子猫は食いちぎられて殺されたりしています。餌が足りないから、あるいはこれ以上に環境が悪くなるのを本能的に避けたかったのか、大人の猫に襲われたのでしょう。
生まれてきた猫を飼い主が殺さなかったという点では、この作家とは全く逆の行為ですが、結局は悲劇を生んでいるのです。

だから私は、不妊手術は飼い主のエゴだとしても、現時点では最善の選択だと思っています。

崖から突き落とされてしまった子猫たちの悲しい鳴き声が彼女には聞こえないのでしょうか?
飼い猫3匹の「生む権利」があって、殺されてしまう子猫たちの「生きる権利」は与えられないのに、彼女は何故それが避妊より良いと判断したのでしょうか?

そして、そのコラムを掲載した日経新聞の意図も全くわかりません。

(この件に関しては、是非とも悪徳不動産屋の独り言のpoohpapaさんのご意見を伺いたいのですが、今はトラックバックもコメントも受け付けていらっしゃらないので直接お伝えできず、残念です。poohpapaさん、ごらんになっていらっしゃいますか?)

Continue reading

そう簡単に「そのまま」とは  そう簡単に「そのまま」とは

人間と動物が一つ屋根の下で暮らすと、いろいろとありまして…。

このサイトでは、猫に人間が使っているトイレを使ってもらえるようにトレーニングする器具を販売している。

これを使えば猫専用のトイレを用意しなくても、今既に家にあるトイレをそのまま活用することができる。

トレーニングの仕方は簡単で(多分)、いわゆる便座カバーを段階的に広くしていくだけである。最初は猫が落ちないように小さい穴だけ空けておくのだが、慣れていくにしたがって大きな穴へ、最終的には普段の便座でも猫が用を足せるまで訓練するというものだ。

ペットは飼っていないのでその効果のほどを保証する立場にはいないのだが、人が使っているものをそのままペットにも使ってもらおう、という発想は他にも活かせそうだな、とちょっと思った。

(殆ど全文引用してしまいましたが、削れなかっただけですのでお許しを)

さて、実家で「コロ」という雌猫と暮らしていた時期には、私も同じようなことをしている人が日本にも外国にもいるのを知って、うちの猫がもう少し賢かったら教えてみたいなぁと思ったりもしました。
結局は家の構造の問題で、トイレのドアを開けたままにできないのでやめましたが。

しかし、今猫たちと再び暮らすようになって、人間の都合に合わせて猫のライフスタイルを変更するのには賛成できないと思っています。

大体において彼らはかなり頑固な生き物で、特にトイレに関しては人間から見たら無駄というか、儀式のようなことを毎日繰り返したりします。

そんな彼らに対して、人間のトイレを使ってくれと頼んでも、そうはイカノキンタマなんですわ(笑)
あなたがククラチョフさんみたいに猫の個性を引き出す名人なら、そして猫があんまりこだわりがない暢気な性格なら、ひょっとしたらうまくいくかも、ぐらいに構えてくだされば結構なんですが、こういうトレーニングをしようと思いつく方に限って意固地だったりして…(^^;

個人的には、猫のトイレが邪魔とか臭いとか思う方は、猫と暮らさないのが一番だと思いますよ。

記事のリンク先をよくごらんになってください。
猫のために良い事はひとつも書いてないのです。

捨てないで、拾わないで、増やさないで  捨てないで、拾わないで、増やさないで

miso_ranger

「ミソレンジャー4(改)」
みそログ。のRICKYさんが作ってくださいました。

この画像は当blogからのお持ち帰りは禁止とさせていただきます。
興味を持った方は、元記事に行って注意書きを読んでください。


余りに辛い話があちこちから聞こえて来て、かなり落ち込んでいます。

いま私が言いたいことは3つ。

「安易に拾わないで」
捨てられた犬猫などを見かけたときに、特にまだ赤ちゃんだったりすると、どうしても可愛さが先にたって、つい保護してしまうかもしれませんが、その先10?20年の事をよく考えて欲しいのです。
安易に拾う安易に捨てるにつながる事が一番の私の心配です。

「安易に捨てないで」

人と動物は共通の言葉がありませんが、それでもある程度意思の疎通ができます。
彼らの気持ちを理解する努力をしてください。
何か問題が起こったとき、簡単に諦めないでください。
家族として迎えると決めたら、天寿を全うするまできちんと世話をしてあげてください。

「安易に増やさないで」
つがいで飼って子供を産ませたいという方が結構(特にワンちゃんの飼い主さんが多い気がしますが)いらっしゃるようです。
猫の場合、保健所に連れて行かれたり、捨てられたりしている猫が増加している事を考えたら、子供を産ませるより、捨てられた猫を受け入れていただきたいと思います。
犬の場合は、猫同様捨て犬問題もありますが、いわゆる純血種には遺伝病の事がありますので、単に「この犬たちの子供が見たい」という動機ならば、繁殖はやめていただきたいと思います。

以下、ちょっときつい表現もありますから、覚悟できる人だけお読みください。

Continue reading

仔猫だからですか?  仔猫だからですか?

白状します。偉そうなことを書きなぐっている私ですが、実際は日々悩んで反省しております。そして、恐ろしいことに気がつきました…

十代の後半からキジトラ(雌、名前はコロ)を飼っていました。彼女は我が家ののアイドルで、13年の生涯でした。今は実家の庭木の下に眠っています。ですから、大人のネコの魅力も充分判っていたつもりです。

そして、今年(2003年)4月に3にゃんを保護して、一緒に暮らすことを決心しました。
彼らは生まれたての猫だったのでそれはそれは可愛かったです。でも仔猫だからじゃなくて、大きくなっても可愛いに決まっているじゃないのと思っていました。当然の如く。
獣医さんの帰り、道行く人に「かーわいい」といわれても、それはミニチュアゆえの可愛さを感じて言っている(だって見た目だけでの発言だもの)と判っているので「てやんでぃ」と心の中でつぶやいていたのです。

ところがです。3ヶ月を過ぎる頃、もう動きや体つきは殆ど大人と同じなのに、夜中に走り回るわ、駄目といってもちゃぶ台に乗るのをやめないわ、折りたたみ椅子の張り地を齧って穴ぼこだらけにするわで、育児ノイローゼ気味。ついには、怒鳴る始末。
なのに、ペットフードの店に張ってある里親募集の仔猫写真にはメロメロ。 ( ̄ω ̄;) これって、そこいらの女子が言う「仔猫って可愛い?」と同じレベルじゃないか。

という訳で、自戒の念をこめて、これから猫と暮らそうかなと思っているあなたに問いたいのです。仔猫のうちはどの子もみんな愛くるしい仕草、つぶらなひとみ、キュートな鳴き声、柔らかな肉球です。そうじゃなくなっても「あー、飽きた。また仔猫拾ってこようかしら」なんて言わずに猫との大人の付き合いが出来ますか?

里親になる前に、ちょっと考えてみてくださいね。

あ、ご心配なく。うちの3にゃんはやっぱり可愛いです。腹を上に向けて寝てるところなんて見ちゃうと「あー私を信頼してくれているのねぇ」と、このところすっかり涙腺が弱くなった私の目に汗が…。

最初が肝心…かな  最初が肝心…かな

今すぐ猫の習性や彼らとの生活について詳しく知りたい方はネコローニアの「NEKO事典」やCat's Eyes & Cat's Handsの「猫との生活」が断然詳しくて参考になりますから、こんなコラムは放置してとっととあちらへ行ってください(笑)

行ってきました? では同じようなことしか書いていないので次へお進み下さい(爆)

さて、あなたが2ヶ月?3ヶ月の赤ちゃんの里親なら、以下のことについて考えてみてください。
これらは猫の寿命にも関わることなので、猫たちの保護者であるあなたの義務なのです。鳴いたり引っかいたり粗相をして訴えることしかできない、そんな彼らがストレスなく安心して長生きできるよう是非実践して欲しいと思います。
もちろん、猫ちゃんが安心して暮らせるということは、あなたにとっても大きなプラスになる筈です。
最初にちょっと頑張っておけばよかっただけなのに、ここんとこ勘違いしちゃって、後悔している人は数知れず。それどころか、この最初の踏ん張りどころを間違えた事が捨て猫の原因になってたりします。
ただし、野良猫暮らしが長いと、人に慣れること自体が難しく、室内飼いをするだけで精一杯、抱っこどころか触らせてくれない、姿を見せないなんてざらなので、そういう場合は仕方ないです。でも、仔猫なら無理強いすることなく慣れてもらえると思います。

難しいことはありません。ひょっとして虐待?と思うあなたの心が一番の強敵です。
以下、20年前にコロちゃん(キジ・雌)を向かえた時に実行しなくて後悔した事を中心に挙げておきます。


  • 母ちゃん(人間)の食べ物が欲しいぃぃぃ
    一見簡単なことのようですが、猫用のフードだけしかあげないのって結構難しいです。
    食卓に置いたものを欲しがらない猫は大変少ないので、ついつい可愛い声でねだられたら…。
    そうなった時あなたはそれを猫ちゃんにあげないでいる事が出来ますか?
    しかし、人間用に味付けされた食品は猫にとって毒なのです。もともとの彼らの餌であった動物性蛋白(セミ、蛇、ネズミなど)は砂糖や塩で味付けされてそこらを飛んだり走ったりしているわけじゃないのです。
    猫はグルメなので、一旦美味しいものの味を覚えると後戻りは出来ないそうです。こうなってしまうと、あとは病気のデパートに猫まっしぐら(こんな表現、冗談でもいやですね)です。
    病気になった後は、これまであげていた美味しいもの全てを我慢させなければいけません。しかも大抵が慢性疾患で、長い間治療や入院という苦痛を味わうことになります。そのほうが余程かわいそうだと思いませんか?

  • 抱っこしたくないの。さわらないでよ!
    皮膚の様子が見たいとき、爪を切るとき、薬を飲ませるとき、抱っこが出来ないと困ります。
    抱っこできないとキャリーに入ってもらうのも一苦労、従って病院に行くのも大仕事になっちゃいますよ。

  • 口なんか触ったら噛んじゃうわよ
    歯石は歯周病の元。歯周病になるとご飯を自分で食べられないこともあります。強制給餌はあなたにとって大変な負担になるでしょうし、私みたいに働きに出ている場合はそれができません。歯周病が死に繋がることもあるんです。だから歯磨きは大事。まだ小さいうちから慣れてもらっちゃいましょう。ちなみに猫は虫歯にはならないそうです。

  • 目薬コワイ。薬はぺっぺしちゃう
    重病になって痛み止めを処方されたある犬の飼い主は「ウチの子は錠剤が飲めないので、薬はいりません」と言って帰りました。その犬は激痛にもがき苦しみながらその夜に死んでいったそうです。飼い主が薬を飲ませられない為に、まだまだ治療が可能な病気を進行させてしまい、命を縮めてしまうとしたら、それはあまりに残酷な話です。
    この人は子供の情操教育の為にと言って犬を飼うことにしたそうですが、自分の子供に同じ事(薬を飲ませない)をするのでしょうか?
    余談ですが、この犬の飼い主は甘やかしすぎで、普通のフードを食べない犬に育ててしまい、そのせいで病気になったのです。まったく酷い飼い主です。
    猫の場合飲み薬よりも良くお世話になるのは目薬かもしれません。特に野良猫を保護した場合、目に黴菌が入って目やにで目が開かないなんて話を良く聞きます。そのまま放置すれば失明します。嫌がって注せないなんて言っている場合じゃないんです。

  • 爪切りなんか嫌なんだもーん
    爪切りは(特に賃貸住宅の)室内飼育では大事なことです。爪研ぎ器では、爪の周りの鞘が取れるだけで、尖った爪の先が丸くなるわけではないからです。
    それに、爪切りをしていれば万が一爪研ぎ以外の場所で「バリバリ」やっても被害が少なくて済むのです。(研いだ相手にもよりますが)
    で、薬同様最初が肝心です。人間が少しでもビビッていると猫も感づいて逃げ出します。相手にしないで毅然とした態度で臨めばすぐに暴れないで切らせてくれるようになります。
    体育座り(膝を立てて床に座る)をして、後ろ向きに抱っこするとやりやすいですよ。
    あんまり暴れるようなら、タオルで爪を切らない足ごと体を包んでしまえば身動きできないので観念します。この方法は一見虐待のように感じるかもしれませんが、むしろ爪切りをもたもたして時間が掛かると猫が疲れるし、爪切りは嫌な事だという学習をしてしまって良くないんです。

里親希望メール  里親希望メール

地域の猫を保護し、避妊去勢した上で里親さんを探している方が全員デジカメを持っていたり、パソコンを使えるというわけではありません。
普段は友人知人、あらゆるコネクションを使って、猫たちの新しい家を探しています。

しかし、それにも限界があります。インターネットでも平行して里親募集をして、良いご縁を探せたらと思ってお手伝いをしています。

応募の窓口は私のメールアドレスです。募集記事には、特に応募要領などは明記していません。

記事が掲載されるると、やがてそれをご覧頂いて興味をもった方から私に応募のメールが届きます。
当然、里親さんになりたい方です。

しかし、苗字とお住まいの地域、興味を持った猫の名前ぐらいしか書いていない簡単なメールばかりです。
何処の誰やらわからない人に出すメールだから、それで構わないだろうと思いますか?
でも受けとった私からすれば、こういう内容では大事な猫たちを預ける気持ちにはなりにくいです。

では、どういう内容が良いのか…書こうとして気がつきました。
里親詐欺をする人の参考になってしまうのでやめておきます。

募集記事には応募要領などは書いていません。
でも、皆さんオトナなんですから、もう少し頭を働かせて、相手に自分の気持ちが伝わるよう努力をしてみてください。

私たちのほうが「貰ってください」と言っている立場ではありますが、里親さんに対しては一切の妥協をする気はありません。

一つの命の行方を左右する大切なことですから。

ある猫の思い出  ある猫の思い出

まだ実家が引っ越す前は、JRの線路がすぐ側にある小さな家に住んでいた。父の稼ぎから考えて借家が当然という時に、なぜかなけなしの金をはたいて土地を買っていたため、オンボロながらも持ち家だった。そして、南側には小さいながらも庭があった。

猫を飼うようになった家には、何故か野良猫も寄ってくるらしい。キジトラの雌を隣家から貰い受けて飼い始めると、何処からとも無く2歳ぐらいの雄が毎日餌をねだりに来た。
庭のバケツに溜まった雨水を飲み、物置小屋の前に置いたダンボールに勝手に入って夜露をしのいでいたらしい。

暫くしたら、その猫と一緒にもう一匹猫が寝ていたと母が言う。しかも、なにやらシッポがボロボロのように見えたとも。
「もし本当なら病院に連れて行かなきゃ駄目じゃない、なんで朝見かけたのに今ごろ言うの!」
学校から帰ってからこの話を聞いた私は、母を怒鳴りつけた。
急いでダンボールのところへ行ってみると、まだ3ヶ月ぐらいの仔猫が小さく丸まって寝ていた。

後ろ足がちぎれてなくなっており、シッポも半分ぐらいで切れている。
恐らくは線路で電車に轢かれたのだろう。
家の前の線路は、頻繁にではないが、外飼いの猫、野良猫、野良犬、飼い犬までもが、線路で真っ二つになったのを目撃するような場所なのだ。
それどころか、かなりの急カーブな為に運転手のブレーキも間に合わないと知って、わざわざ自殺をしにくる人がいる様な土地だった。

その時はもう夜だったし、傷から出血していないようなので、翌日医者で治療してもらった。

傷が癒えるまでという約束で家にも入れた。彼は(この猫も雄だった)野良育ちなのに、テーブルの刺身にも手を出さないほどのおっとりとした猫で、今回保護されなかったら大人になる前に飢え死にしていたかもしれないと思った。

結局、シッポは上手く治ったが、後ろ足はどうしても地面に突いて歩くために、何度治療してもらっても骨が出てきてしまい、かわいそうでならなかった。

やがて、新入り君はどこかへ消えるようにいなくなってしまった。
ダンボールが窮屈になっても、お兄ちゃんと一緒に寝ていたっけ。

野良猫の雄は仔猫をハンティングする事があるらしいが、この猫は違ったのだ。
まだ熱々のご飯でもむさぼりつくと言う特技も持っていたお兄ちゃん。

動物と暮らしてみなけりゃ、こんな経験はできない。

凶暴な猫  凶暴な猫

「ぜんっぜん懐かなくて、抱っこどころか触ろうとすると噛み付くんですが」
なんて話、猫関係のBBSでは時折出てくる話です。

野良猫ならありうるっていうか、ごく普通の事じゃないでしょうか。生っ粋の野良(野良猫から産まれた猫)だと、社会性が形成される時期(生後3ヶ月まで)に人間に接していない事が多く、結果として人に懐かない猫になるようです。

また、元は飼い猫だったのが捨てられて野良猫になった場合は、最初はまだ人を信じて寄って来る子もいるけれど、次第に程ほどの距離を保った関係を維持することを覚えるようです。

Continue reading

野良猫  野良猫

強引だがカラスとちょっと繋がっている話。

カラスといえば、仔猫を襲うのでこの時期の野良猫の産んだ子は危険に曝される。
昨日、獣医に行くとき、公園で餌をやるおばあさんを目撃した。
猫缶をチラシの上に置いて食べさせている。4?5頭が寄ってきていたようだ。
周りはポイ捨てごみが散乱していて、環境は悪い。最近はどこの公園でもこうなのだろうか? 公園内には子どもを遊ばせている親などもいたようだが、こんな薄汚い、暗い感じのデザインの公園が存在するとはちょっと驚いた。

帰りに見ると、公園の角(人は入れない)に母猫と仔猫(3匹)がいた。
先刻おばあさんが餌をやっていた公園正面に行くと、餌は片付けられずにそのまま。これからは腐るので、食べさせた後は片付けないと駄目なんじゃないのか?

これらの事を目撃しても私は何もしなかった。
避妊・不妊、餌やりのしかたについて、おばあさんを説得するだけの自信がない。
一緒にやりながら、相手を教育するだけの時間がない。
餌代をカンパし続ける余裕も無い。
仔猫を保護して育てる余裕もないし、母猫を捕まえて避妊する余裕もない。
無理をすれば今目撃した分だけなら、何とかなるかも知れないが、そんな事ですまないのは、ほかに餌やりをしつづけている人の話で充分承知している。
だから、中途半端には手出ししないと、今回の仔猫事件をきっかけに決めたのだ。

しかし、仔猫のあどけない顔を見てしまうとその決意も揺らぐ。
つらくて胸が痛くなる。

そして、餌やり、不妊・去勢のための捕獲をしている方々には本当に頭が下がる。

でも、私は自分のできる範囲で、つまり今回保護した3匹を最後まで面倒見る事をまずきちんと実行するべきなのだ。

捨て猫に罪は無い。もちろん捨て犬、捨て狸、捨てハクビシンe.t.c.にも。
せめて、これを読んだ方々にお願いしたい。
野良猫を見ても、むやみに餌をやったりしないでください。
捨て猫を見たらまず獣医に連れて行って上げてください。飼えない時はきっと里親探しを手伝ってくれる人がいますから、アパート住まいでも見捨てないで下さい。
室内で飼育してください。
不妊・去勢を徹底してください。その費用が出せないなら飼わないで下さい。不妊・去勢に限らず、病院に掛かったら目が飛び出るような費用が掛かるのです。

このコラムの趣旨  このコラムの趣旨

趣旨なーんてエラソーに…と言われそうです。
そうですね、これから書こうと思っていた内容を頭に浮かべて見ましたが、実際、ちょっとエラソーだったかも知れません。

猫3頭と出会ってからいろいろな事がありました。いや、結局一緒に暮らしているので現在進行形なんですけどね。

当初は、これまでに読んだ本に書かれていて良かったと感じたこと、猫との暮らしが長い人の意見でこれは絶対に皆に実践してもらいたいと思うことなどについて書こうと思っていました。
でも…。書き始めてみて判ったのは、私以外の誰かの話がいくら素晴らしいと思って紹介したところで、結局はまた聞きに過ぎないってこと。
それでは全然説得力がないですよね。だから、このコラムの内容は私が体験した事が中心になります。私は猫歴は20年以上ですが、8年ほどブランクがあって、私ひとりで接するのは今回が最初だし、多頭飼育は初めてなので、今また勉強しなおしている様な状態です。

なんか、意味不明になってしまいましたが、とにかく、そういう人間が書いているって事で、勘違いなど多々あるかと思います。そういう事でご了承くださいm(_"_)m
まあ、私の書くことだけ鵜呑みにする人はいないと思いますが、一応ネ(汗)

当コラムに特に説明なしで登場する猫や人のプロフィールは「ネコプロ」カテゴリーにてご覧下さい。
なお、3にゃんを保護したときの様子は別のサイトででご紹介する予定です。

1

Home > cats > nekocolumn Archive

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top