Home > craft addict > knitting Archive

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

knitting Archive

Queen of Beadsを編んでいて気になったこと  Queen of Beadsを編んでいて気になったこと

icon_nsk

Rockin' sock club

RSC2009第1回のキット、Queen of Beadsの製作に没頭中ですが、先に書いた記事のビーズについての記述に補足をしておきたいと思います。

まず、STR Lightweightは今回添付されたビーズを通すにはちょっと無理がある太さでした。
先の記事の写真では、別のソックヤーンで実験したものを使いました。この糸も決して細いほうではありませんが、100グラムあたりの長さは319メートルです。
それに対してSTR Lightweightは128グラムで329メートルと言うことで、明らかに糸の太さが違うことがわかります。

実際、STRの糸にビーズを通してみると、きつくて通らないものが多く、Ravelryの掲示板でも「ビーズが通らない」という書き込みを見かけました。
実は専用のビーズ通し針をユザワヤで買って持っていたんですが、うっかり無くしてしまったので(髪の毛みたいに細くて見えにくいんです)デンタルフロスを使いました。
しかし、デンタルフロスがやや太いとはいえ、おそらくは専用針でも厳しいのではないかと思います。

では私はどうしたかというと、意地で通しました(笑)
(この後は写真入りなので、つづきは一応隠しておきます)

Continue reading

Rockin' Sock Club #09-1  Rockin' Sock Club #09-1

icon_nsk

Rockin' sock club

*二度目の参加なので、タイトルには通し番号の最初に年を入れて区別してみました。

1月のキットが昨日の夕方届きました。
あちらの日付で22日の発送でしたので、約1週間ですね。

まだ本国や他の国では届いていない方もいらっしゃるようなので、以下写真などは続きでどうぞ。

Continue reading

ソックニッターの救世主のビデオ解説ほか  ソックニッターの救世主のビデオ解説ほか

今製作中のLakehouse SocksのパターンPDF(編み方の説明書)にいくつかリンクが張られていたんですが、その中にYouTube先生がいたのでちょいとクリックしてみたら…なんとあのメビウスカウルというよりも靴下編みをする人にとって神様のような存在のお方のビデオでした。

ターンヒールのw&tがわかんないとか、その他もろもろ、英文パターンでお悩みの方に救いの手を差し伸べてくださっています。
たいていの場合自分がやろうとして判らない部分を調べるのであれば、声が聞き取れなくても映像だけで理解できると思いますので、ヒアリングが苦手と仰る方も一度は観てみる価値があると思います。

他に、cast onだのkfbだのM1Bだのがなんだか判んない! ムキーッとお嘆きの方にはKnittingHelp.comのGet Started and Learn to Knitのページにもたくさんのビデオがあります。
こちらはなんと言ってもコンチネンタル式とイギリス式(日本で言うところのフランス式とアメリカ式)それぞれのやり方が映像化されているところがすごいです。

靴下19号 (My First Sauvie Island)  靴下19号 (My First Sauvie Island)

これもまた長い間冬眠させた靴下です。
最初の片方をFlickrに登録したのはなんと2006年8月!

2つの段染め糸で編みこみをします。
一方が暗色、もう一方が明るくて色数も少ないというのがきれいに仕上がる組み合わせのように思います。

Sauvie Island - leg pattern

先に右足を編みました。アナトミカル・トーというつま先です。

Sauvie Island - Alina's anatomical toe

踵は引き返し編みなんですが、ちょっと説明文が判りにくく(というか、今よりもずっと理解力がなく)完全に間違えて編んでしまいました。
皆様の予想通り、左足を編むときにはどう間違って編んだのかを思い出せず、左右の出来がまったく違う作品となってしまいました。
普段はあまり見えない場所なので気にしないことに(笑)
他にもいろいろ間違えているんですが、それもまた楽しい思い出です。

もっと明るい色で編みたかったなぁと、自分としては気に入った出来ではないんですが、Ravelryで好きといってくださった方がいてとても嬉しいです。

完成後の写真は以下。

DSC03902

DSC03890

パターン:Fair Isling on Blue Moon(冊子)より Sauvie Island
糸:Socks that Rock Lightweight / Blarney Stone(mc), Citrine(cc)
針:クロバー匠 2号(5本短針)
ゲージ:未計測
完成:2008/10

またまたまたやっちゃいました  またまたまたやっちゃいました

Rockin' Sock Club 2009にエントリしちゃいました。
予定通りならそろそろ飛行機に乗った頃かと思います。
公式blogの記事からすると、どうやら1月のキットは私の大好きな色らしいです。月末が楽しみです。

実は2007年のキットはそのまま編んだものはひとつもありません(^^;
というか、まるまる1年間いただいた物を眺めただけで終わりました。それは他に編みたいものがあるのに対して、私の編む速度が遅くて追いつかなかっただけなんですが。

キットのパターンは確か3種編んだと思いますが、全部BMFAの糸ではありません。
糸をまるで使っていないのは、勿体無くて使えなかったものがほとんどです。中でもBella-Coolaという色は一番のお気に入りなんですが、自分に編むにはmedium weightは太すぎて靴下にはできないのが悔しくて、後で通販が始まったときにlight weightを買いなおした程です。
昨年になってやっとこの糸を使いたいパターンを見つけてmedium weightの方で帽子を編みました。

今年になっても編みたいものリストはずらずらと長い状況ですが、今回のSock Clubは可能な限りリアルタイムでキットの製作に取り掛かろうという目標を立てました。
Ravelryにいる他の参加者さんとの英語での交流とまでは行かないかもしれませんが、遠い海の向こうでも同じ事をしている者がいるんだなぁと気づいていただけたらという思いからの決意(ちと大げさ)です。

なんていいつつ、ktblが多用されたパターンと、どうにもサイズ変更が難しい(自分の足にあわせるとデザインが崩れる等)場合に関しては挫折する可能性がある事も一応書いておきます(^^;

靴下18号 (Traveler's Socks)  靴下18号 (Traveler's Socks)

DSC03895

1年がかりでの完成です。
厳密に言うとSSSではなくて、解いてやり直すかどうかと迷っていた間、ずっと冬眠していたためです。
まだ自分ぴったりのサイズへの調整方法が確立する以前だったため、ぶかぶかなまま片方が編みあがってしまったんですが、手間がかかったし、解くと毛糸が痛みそうだったのです。

結局大きめなのは承知の上でもう片方も編んで仕上げてしまいました。
履き口の模様編みの一箇所が間違っているのにそのまま編んでしまい、2つめの終わりでやっと気がついたんですが、面倒なのでそれもそのままです(^^;

人前で履くにはちょっと不恰好な出来です。という事で、とっても贅沢な室内用靴下になりました。

DSC03856
編地のアップ

DSC03858
おまけ

パターン:Traveler's Stocking by Nancy Bush
糸:Faded Jeans(Knitting Notions)
針:クロバー匠 0号(5本短針)
ゲージ:未計測
完成:2008/10

靴下17号 (Anniversary Socks)  靴下17号 (Anniversary Socks)

DSC03891

これは元はといえば別の糸で姉に編んであげるつもりだったんですが、彼女の好みとはちょっと違う気がして自分用に好きな色で編みました。
フィット感はイマイチで、歩いているうちにずるずると下がってしまうんですが、まぁルーズな感じで履くものだと思えば(^^;
出来は大変気に入っています。

パターン:Anniversary Socks by Nancy Bush
糸:Lorna's Laces Shepherd Sock Solid / Sage
針:クロバー匠 1号(5本短針)
ゲージ:未計測
完成:2008/10/10

直接靴下とは関係ありませんが、ついでに道具のご紹介。
靴下製作中の針をしまうケースです。

DSC03771

以前かせ繰り機を購入した通販ショップのKnitting Notionsで見つけました。
このショップはメインはもちろん毛糸販売なんですが、ナチュラルな素材で道具やアクセサリーを作って提供してくれているので、時々眺めてはうっとりしていたんですが(笑)
半端な木を集めて作ったものなので、当然ですが一点ものです。色合いを特にリクエストしない限りどんなものがくるかはお楽しみという品です。
このときは一緒にショールピンも購入しました。Pinwheel Sweaterを着るときのためにと思ったんですが、絶対に無くしそうでまだ外で使っていません(^^;

DSC03772

ちなみに、この毛糸の色なんですが、正しく再現できてません。一番上の写真の色ほど鮮やかではありませんし、下の2枚ほど渋い色でもありません。

Lenore  Lenore

姉にプレゼントした靴下。
パターンはRSC2007のものを使いましたが、糸はLornaです。
Lornaは糸が長いので普通に編むとかなり余ります。これもたくさん余ったので、あとで他の色とあわせて1足編んでまだ余っています。

DSC03892s.jpg

Sock ClubでもらったLenoreという糸は、多分別の靴下になると思いますが、このパターンは気に入ったので後で自分用にまた編むかもしれません。

Plaited Points 途中経過  Plaited Points 途中経過

まだこの秋に作ったもののエントリが終わっていないんですが、たまには途中経過でも。
(実は過去作品紹介がちょっと飽きただけだったりして)

つい先日発行されたばかりのKnitty, Winter 2008より縄模様の靴下です。
今日片方が編み終わりました。

DSC02374

まず指定どおりの針で指定どおりの編み方をつま先が終わるところまでしてみたんですが、見事に大きすぎて解きました。
そもそも66目で2号針はありえないと思っていたんですが…。
そこで、針を1号にして、つま先を60目まで増やしたところで増し目をやめてみました。
それでも少し太い気がしましたが進めて行くことにしました。(最近そういう性格になってきてます・笑)

足の甲のパターンに入るとますます大きいというかガバガバになって行きますが、これは三角のガセット(マチ)が無く、かかとの手前までゆっくりと増し目をしていって甲の形に添うように編むデザインなので、ここで焦ってはいけません。
ちなみに、甲のパターンが始まる前の長さが指定されていますが、私のように足が小さい人はそのとおりにするとサイズが大きすぎると思います。
私の場合、Salish Sea Socksで似た編み方をしたのでそれを見て「だいたいこのぐらい」というアバウトな決め方をしました(^^;
ここをうまく決めないと、甲のパターンの終わりがうまく足首の手前で終わるように編めないので要注意です。

そして、この先はヒールフラップを編み終わる頃まで履いて試せない(というか試しても意味が無い)ので、本当にハラハラしながら編むことになります。

次の山場は甲のパターンの終わりで行う増し目です。
これは三角マチの代わりに、かかとの側面を扇状に広げる為の処置なんですが、私のように甲が薄っぺらな足の場合は指示通りに増やす必要はありません。
私はちょっと足にはめて見て大きいぐらいの状態だったので増し目はしないことにしました。
また、運良く踵の手前でちょうどパターンが終わってくれたので、胸をなでおろしつつターンヒールへと進みました。

こうまで元のパターンに手を入れてしまうと、ターンヒールとヒールフラップの編み方が全然指示通りではだめなんですが、そのあたりも経験を元に適当にアレンジしました。
ターンヒールは往復編みの最後の2段を省略しました。
ヒールフラップは元のパターンよりも半分にして3目少ないだけなので、パターンよりも3目少なく読み替えて編んでいます。
(ここを間違うと、足首の目数が少なくなりすぎて足がはいらないとか、その逆とか、問題が発生すると思われます)

このあと、このパターンで最大の問題が発生しました。
なんと編み図どおりに編むと、甲から足首の模様がつながらないのです。
どうしようかと無い知恵を搾り出して試行錯誤していたら、ちょうど深夜だったもので途中で居眠りしたりして、気がついたら午前2時を回っていたんですが、解決に至らず。
翌日(昨日のことです)になって冷静に出来上がり写真と図を見比べて、これでいいんじゃないかと思われる図を書き起こして編み進みました。

Plaited Points - chart 1 correction
(大きいサイズはこちらをどうぞ)

正解じゃないかもしれませんが、模様がつながったのでこれでOKにしちゃいました。

60目にした影響でゴム編みが指定どおりのパターンではありませんが、何とか形になりました。

が、片方が終わってから最大の失敗に気がついてしまいました。
甲の模様と、足首の後ろのメダリオンの始まりのところに関して、元のパターンでは1目増し目をするのですが、それは左右対称の模様なので偶数にしないとだめだからだと思って無視してしまったのです。
でも、実は裏メリヤスが1目入ることで模様の始まり部分の輪郭をはっきりさせていたのでした。
というわけで、実は58目で編み始めて1目増し目するべきだったのです。
でもつま先が6の倍数で増えていく編み方ですから、それも難しいんですが。
今回はいまさら面倒なので、悔しいけれどもう片方も間違ったまま編みます(^^;

新プロジェクト  新プロジェクト

なんちゃって、実は単なる浮気。

先月から編んでいるアランセーターが、あと片袖だけとなったところで、急ブレーキが掛かってしまったので、他のものを編むことに。
私はこれを「つまみ食い」と称しているんですが、要するに本命が飽きてきたら小物で息抜きをしてモチベーションを維持するという行為でして、「編み物の息抜きに編み物」かいっと突っ込みが入りそうですが、これが案外効果があるんです。

しかし浮気とはいえ簡単なものでは好奇心が満たされず、結局はそれも解くことになりかねないので、日ごろせっせとRavelryで探しては「浮気リスト」を増やしていたのでございます(笑)

そして、この時期ですから、どうせなら自分の物じゃなくてプレゼントを前提として編むという条件を付け加えましていくつかパターンを選びました。
どれも足カバーやら帽子やらという短期で編める小物ばかりですが、初めて挑戦するパターンばかりなのでとても楽しめそうです。

ま、なんだかんだ言い訳していますが、やっぱり浮気に過ぎないんで、本命のセーターをなんとか今週中に仕上げられるようがんばります…。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Home > craft addict > knitting Archive

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top