Home > craft addict > knitting Archive

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

knitting Archive

靴下を手編みで作るという事  靴下を手編みで作るという事

このところ、靴下を編む事に関して特定のキーワードでのご訪問が多いのですが、おそらくその検索結果でたどり着いたエントリでは全くお役に立っていないと思われます。
それでは折角来て頂いたのに申し訳ないので、ちょっとまとめみたいな事を書いてみました。

以下、棒針編みを前提にお話しします。

靴下を編む前に

基本の用語がわかる
少なくとも何か完成品を編んだ経験がある
靴下が好き(特に履くのが)

以上のような方でないと、挫折する可能性が高いと思います。
プレーンなデザインでしたら、表メリヤス編みと裏メリヤス編みができればいいだけですが、つま先や踵の部分で細かい作業がありますし、まったく綴じ剥ぎがないという訳にも行きませんので、ある程度の経験値が必要となります。
また、左右のサイズが大きく違ってしまったりしたら困りますから、そういう点でさっさと仕上げるだけの根気と集中力も必要かと思います。

編み方、編図の入手

靴下の編み方(パターンとも言います)に関しては日本語で書かれた物を見た事がないので、いわゆる日本式の編図で表現されたものが在るのかどうか知りません。
輪に編むものを展開しないといけないので、私は図にしてみようと思った事もないですが、ひょっとしたらあるのかもしれません。

2008/11/28 追記
林ことみさんの本に編み図がありますので、ご紹介しておきます。

追記おわり

私が最初に練習で編んだのはWendyさんの編み方を翻訳したものです。
元は英語で書かれており、すべて言葉というか文章で編み方が説明されています。
慣れてしまえば割と理解できますので、お金をかけずにマスターしたい方にお薦めします。
(ちなみに私は中学英語もあやしいレベルの理解力です)

"free pattern socks"でネット検索すれば、英語の編み方は沢山見つけることができると思います。

実はつま先から編む引き返し編みの靴下は苦手です。最大の理由は、捨て糸を使って作り目をする方法が嫌いだからです。

参考1:ウェンディさんのつま先から編む靴下 (引き返し編みを使う方法の靴下)

参考2:Silver's Sock Class (作り目から完成までの写真と丁寧な説明。The Tutorialsというタイトルを探してください)

参考3:Knitty (靴下の編み方が豊富。全て無料)

靴下は簡単か

正直なところ、簡単といえば簡単だし、難しいといえば難しいです。
何故なら、人それぞれ得手不得手というのがあって、私が簡単だと思うテクニックが苦手という方もいらっしゃるでしょう。
そうなると、このパターンは簡単だったよと言っても、他の方には難しいかもしれないわけです。
たぶん、セーターを1着でも完成させるだけの根気がある方なら、プレーンな靴下一足は問題ないと思います。
ただ、万人に共通する「簡単な編み方」というのは存在しないという事だけ、覚えておいてください。


そして最後に。
幾ら探していただいても、当方には靴下オーナメントの編み方しかございませんのでご注意ください。

Chevron Scarf途中経過  Chevron Scarf途中経過

先週末にひとりニットアウトをやって編み始めたマフラー。
開始直後撤退前の様子をモブログしていました。

翌日、朝から晩まで家事の合間に編んで、全長70センチぐらいになりました。

chevron scarf
日曜の夜までに編んだ分

この写真では綺麗なオレンジや緑がわからなくて地味な感じが漂っておりますが、実物はもう少しサイケなものになってます。
それと、スチームを当てていないのでまだヨレヨレな状態です。

パターンはこの本。

Last-Minute Knitted Gifts
Last-Minute Knitted Gifts
posted with amazlet on 07.11.08
Joelle Hoverson Anna Williams
Stewart Tabori & Chang (2004/10)
売り上げランキング: 4090

二色の段染め糸を使い、簡単なパターンで編むだけなのに、面白くて止まらないんですね、これが。
上の写真が何故70センチで止まったかといえば、1色の糸玉が終わってしまったからでして、先ほど同じ色をまきまきしたので、また明日から再開です。

パターンの指示では靴下糸2つ(約200グラム)で200センチぐらいまで編む事になっていますが、そんなに長いのは好みではないので、120センチぐらいでやめようかと思っています。

Petals Collection - #3 Dahlia  Petals Collection - #3 Dahlia

5月ごろ届いたものですが、記事にするのを忘れていました。

昔は赤は自分の色じゃないと決めて、絶対に身に着けるもので赤いものは持っていませんでした。
ところが、いつの間にか赤にも色々ある事に気づき、今はいくつかですが赤いものもあります。

Dahlia

この糸の赤はとても綺麗。大好きな色です。
添付されたパターンの写真はなんだか違う色だし、編地も目が詰まっていて、これは編まないだろうと思ったんですが、糸自体は細いので普通に編めばいい感じになるかもしれません。

でも、sockclubで届いた糸はどれも勿体無くて実はまだ一つも作品にしていません。他にも仕入れた糸がたくさんあるので、手をつけるのはいつになることやら…。

来年のRockin' Sock Club  来年のRockin' Sock Club

Rockin' Sock Clubのblogを久しぶりに見たら、10月7日頃にメールを送ったよという書き込みが。
え? 記憶に無い。
慌ててメールソフトのごみ箱を探しました。

最近、英語で来るメールは殆どが、ぴーなすだセックスだというエロ系と、ヴァリウムだのシアリスだバイコディンだという薬系、あとは違法コピーソフト系なんですが、いちいちタイトルを読んでいると目がチカチカして疲れるので、殆ど迷惑メールフォルダに入っていたら即刻ごみ箱行きなのです。
いきなり削除しないのは、今回みたいな事がたまにあるからです。

で、見つけました。やっぱりごみ箱にありました。
内容は、次回のSock Clubに優先して招待しまっせみたいなものなんですが、郵政省メールでお返事したい人用にフライヤーをPDFで添付してありまして、気が利いていたのでちょっとご紹介したいと思いまして。
(改行位置は筆者が変更)


Rockin’ Sock Club 2008 Mission Statement

To boldly go where no sock knitting club has gone before.
To bring our members high quality sock yarn from a very extensive color palette. (No color is left behind!)
To expand our knitting horizons with various skills, techniques, stitch patterns, heels, and toes.
To challenge our knitting selves and create socks that are both functional and beautiful, that make feet all over the planet happy.
A club and a community that involves helping, sharing, and fun. Lots and lots of fun.
A sense of adventure and humor are mandatory!


1行目のTo boldly go where...で大笑い(^^)v
BMFAのスタッフにスタトレファンがいるに違いありません。
「ソッククラブ未踏の地へいざ行かん!」てな具合でしょうか。

肝心の2008年のソッククラブの申込は明後日までと書いてありましたが、恐らくこれは現会員が継続する場合の申込期限のような気がするんですが…。
すみません、ちょっと細かい英文を読み込む気力が無くて、いい加減な事を言っております。

Rockin' Sock Club #5 Lenore  Rockin' Sock Club #5 Lenore

先月23日に届きましたが、例の如く受け取れず。
再配達されたのが直後の土曜の昼だったんですが、土砂降りの雨で配達員さんが可愛そうでした。
(全然関係ないですが、この配達員さん、不在票に書き入れる日付をことごとく間違えているんですけど、郵便局に通報した方がいいのかしら?)

さて、パッケージはびしょぬれでしたが防水紙だったので中身は無事のようです。
急いであけてみました。

時期が時期なんで、毛糸の色が殆ど真っ黒なのにはたいして驚きませんでした。
でも、折角綺麗な色が豊富なのが気に入っているメーカーだけに、ちょっと残念ではあります。

が、それより…なんかおかしい。
うええ、なんだこれ。

?

Continue reading

Rockin' Sock Club #3 and #4  Rockin' Sock Club #3 and #4

#4が先日届きました。たぶん今月はじめ頃です(^^;
その前に#3をアップし忘れていましたので、まとめて撮った写真から。

#3 and #4
Firebird(left), Flower Power(right)

#3 Firebird 100% super merino lightweight
これは色がまず気に入りました。これで帽子、ベスト、靴下と揃えて編みたいほど。
でも全部一緒に着たら派手すぎだろうなぁ(^^;
添付されていたパターンは短めソックスで可愛かったけど、次の#4のパターンがこの糸にとても合いそうなので、涼しくなったら早速編みたいと思います。

#4 Flower Power 100% super merino lightweight
かせの状態だとちょっとどうかしらという色合いですが、編むと綺麗に混ざりそうです。
Yarn Herlotの中の人が添付パターン通りに編んだ写真をアップされていましたが、かなり私好みです。
なので、このまま私もパターンどおりに編んでみようと思います。おそろいを単色で編みたいので、手持ちの糸で何足か編もうと思います。
折り返して履くソックスなので、早めに完成させて秋のうちに活躍させたいです。

復刻版 フェアアイル・ニッティング―シェットランドに出会って  復刻版 フェアアイル・ニッティング―シェットランドに出会って

Amazonのリンクを直していたら、BlogPeopleにトラックバックが飛んでしまいました。
(更新するたびに飛んじゃうのが直せないんです?って、私が悪いとは限らない?)

お詫びって訳でもないんですが、さっき偶然発見したので、お知らせしておこうかと思いまして。

あの、伝説の本が復刻されました!

復刻版 フェアアイル・ニッティング―シェットランドに出会って
佐藤 ちひろ
日本ヴォーグ社 (2007/06/01)
売り上げランキング: 46537

6/1の発売なんで、私はもう予約しちゃいました。
これで、あとは今年中に「しぇーら」デビューするかどうか…するんだろうなぁ(笑)

靴下12号と13号と14号、あとWIPなど  靴下12号と13号と14号、あとWIPなど

11号は入院中の靴下。まだエントリはアップしてません。

12号はRoza's socks
とっても気に入っています。でもフェルト化しやすそうな糸です。
途中経過のエントリの後すぐ編み終わりました。

以下データだけ。
パターン:Roza's socks
糸:Lily(BROOKLYN HANDSPUN)
針:クロバー匠 1号(5本短針)
完成:2007/4/5


13号はRegiaのコットンシマシマ
コットンよりウールの方が多いのですが、さらりとした履き心地で、今の時期にぴったり。
編みやすさはイマイチです。私は汗かきなので、コットン糸はとにかく苦手なんです。
かかとはWendy方式の引き返し編み、あとは適当にリブ編み。足首の閉じ方はRussian bind offというらしい方法です。
もうシマシマは当分いらないかも(笑)

靴下13号

パターン:オリジナルというか、ごく普通の編み方
糸:Regia Cotton Surf Color(Wool 41%, Cotton 34%, Polyamide 25%)
針:クロバー匠 1号(5本短針)
完成:2007/5/10


14号は一昨年の12月に片方編んで放置していたもの。ひどい出来の写真はこちら
ぶかぶかだったので解いて仕切りなおし。つま先から編まないと足首の長さを決めにくいので、Toe up方式です。
今回13号と14号は、Turkish cast onとかEastan cast onとか呼ばれている方法で作り目をしてみました。
これが大ヒットでして、プレーンなつま先からの靴下の場合は、これを覚えたらもう本当に毛糸と編み針だけを持ってどこでも編めちゃうぞって感じです。
この糸もちょっと太くて編みにくかったです。コットンなのに厚地で、いつ履いたらいいか迷います(^^;
こんな感じにできました。

靴下14号

パターン:つま先からのごく普通の編み方
糸:ナイフペスカ
針:クロバー匠 2号(5本短針)
完成:2007/5/16


コットンの靴下がもっと欲しいけれど、このRegia Cottonやナイフペスカってちょっと太めの糸なので、もう今がギリギリで、これ以上暑い日に履いていたら見た目アホ丸出しやし、履いてる本人も流石に暑いと思います。
なので、某所でとても編みやすいと言う話を小耳に挟んだCrystal Palaceというメーカーのコットン糸を注文してみました。
さて、これで真夏も手編み靴下となりますかどうか。

panda cotton

写真左の2色がCristal Palace YarnのPanda Cotton。右の2色がLornaの手染め靴下糸。
全部1玉しか写っていませんが、今回はちゃんと1足分(2玉ずつ)買って有ります。
Lornaは姉に編む為にこげ茶色をというリクエストで選んだのですが、ちょっと焦げ過ぎかもしれませんね。まあ、チャコールという名前からして、しょうがないんですが(^^;
姉が「濃いこげ茶じゃなくちゃイヤだ」っていうんですが、案外いい塩梅の色がないんです…。

そして、たぶん15号となるのはCascade Fixasionのオレンジ色(写真右)。
(16号の予定が左の靴下。色々あって、2足同時に編んでます)

WIP

昨年Simply Socks Yarn Companyというお店で1玉(50g)だけ買って足首が短いのを編もうと思ったんですが、なんだか糸長が少なそうで心配になってもう1玉追加しました。
結局、片方33gで編めたので、2玉で1.5足という計算です。なぁんだ、やっぱり50gでショートカフなら編めたかも。
もう1色同じ仕様の糸を買っているので、両方の余った糸で派手なつぎはぎ靴下を1足編もうかと思います。
この糸はコットン97%なのですが、やっぱりちょっと太いので分厚い靴下になってしまいました。もう1号太い3号針でレース編みをしたとしてもぼてっとした印象になりそうです。
なので、やっぱりこの靴下もギリギリ梅雨明けまで履けたらOKって感じです。

このオレンジちゃんの追加(と、ついでにセール糸)購入ですが、実は9日に発注をかけたら即日発送で、15日には届いています。毎度速くてたすかります。

セール糸

これがセールで激安だったモヘア。
サイトでは「この糸はナイロン混なので靴下に最高」と紹介されていましたが、確か片足で3個使うとかいう話だったので、幾らセールで買ってもすごい高級靴下になっちゃって履けないと思います。
それに丈夫だといわれてもやっぱりモヘアを靴下にするのって、私にはすごく違和感があります。
これらは全部ふんわりレース編みのスカーフになる予定。

というわけで、この毛糸屋さんは私のお気に入り。
ただし「2回頼んでたまたまトラブルが無かっただけ」とも言えるので、チキンな私は是非お勧めとか言ったりはしませんが(^^;

Rockin' Sock Club #2 Walking on the Wild Tide  Rockin' Sock Club #2 Walking on the Wild Tide

DSC00294s.jpg

確かゴールデンウィーク直前ぐらいに届いたような気がします。
その頃、母が腰を骨折して旅行が取りやめになって実家に見舞いに行ったり、友達に久しぶりに会ったりでとっ散らかっていたので、ちょっと記憶が怪しいですが。

この糸はシルクがブレンドされた糸です。
かせのバンドには89% superwash merino, 19% silkとありますが、計算が合わんやんけ(笑)
BMFAのサイトで確認したところ、81%と19%となっていました(^^;

手触り最高です。でもかせの状態で見る限りはとても食指が動きません(^^;
同梱のパターンの出来上がり見本写真をみても同じ。
なんだかなぁ。ぱっとしないんですよね。ブルーグレーとグレーがすごく目立ってしまって、他の色が派手なのにもかかわらず埋もれるんですね。
実際編んだ感じは、小さいかせの方のような感じに仕上がってくれたらまだ良かったんですが。

でも、Wendyも「針から目が落ちちゃうので通勤電車で編むのはやーめた」とは言っていましたが、パターンも糸も気に入っていたようです。

糸は暫く眺めて、マフラーとか帽子にしちゃうかもしれません。
パターンは別の糸ならいいと思うので、いつか編みたいと思います。

失敗の連続  失敗の連続

具体的なイメージが沸かないのに編みたい気持ちだけで突っ走った結果、2連続で失敗。

失敗その1

これは、北欧ワンダーニット(林ことみ)という本の中から、エストニアスパイラルという編み方の靴下をアレンジしてみようとしたものです。
オリジナルのパターンはかかととつま先が無い足カバーみたいなものなんですが、つま先をつけて編んで最後に後付けのかかとを編んだら「足なり直角靴下」みたいになるんじゃないかと勝手に思ってやってみました。
毛糸はやっとの思いで手に入れたVesper Sock YarnのCrewという糸です。
足首は見た目的には可愛い感じで出来たんですが…。
なんと言うか、糸の色が軽いわりにちょっと厚めの編地になるんですね。このデザインにはとてもあわない気がして、ここまで編んでやめました。

袖なら可愛い?

こんな風な袖口はどうかしら? とやってみる(笑)
この後解きました。Yarn Harlotの中の人が、Jaywalkerをこれで編んでいて可愛かったので、私もそうしようかと思っています。

失敗その2

これはRegiaのコットン混の糸で、Favorite Socksから選んだパターンをやってみたんですが、50gしかないのに足首を長く編みすぎて足りなくなってNG。
それに、やっぱりこういう糸はレース編みにはあわないと再確認しました。

結局こちらも解いて仕切りなおし。

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

Home > craft addict > knitting Archive

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top