Home > craft addict > sewing Archive

1

sewing Archive

靴下編み専用道具入れが完成しました  靴下編み専用道具入れが完成しました

振り返ってみれば2ヶ月経過していました。
(私が各部分の寸法をぐずぐず決められなかったため進行がストップしていた時期があります)
生地選びやら、デザインやら、色々な工程を経てようやく形になりました。

生地は好きな色柄という事ですぐに決まりました。
ちょうど、製作を依頼したイグチさんがアメリカの生地屋さんのウェブショップから購入するという事で、私の分もそのお店から選んで購入していただきました。

そもそもこの道具入れの製作を考えたいきさつは、別の記事にも書きましたが、要するに「既製品に一目ぼれしたけど、自分の好きな生地で同じ様な物が作りたい」という事でして。
つまりは、リバースエンジニアリングなんです。

で、どうせわかる人にはわかっちゃうと思うので種明かしをしますと、その既製品とはdella-Qという名前でシリーズ化されているニット用バッグです。
その中の靴下専用編み針ケースが元になっています。

最初は自分で作ろうとしたんですが、ソーイングは得意ではなく、頑張ってベストと割烹着を縫うのがやっとでファスナー付けが大嫌いというレベルの私には、写真の見た目だけでは作り方が判らず、ダメ元でお友達のイグチさんに「作っていただけないでしょうか?」と頼んだのです。
ありがたいことに、袋物やバッグが得意なイグチさんから色よいお返事を頂き、今に至るわけです。

ただ、こういう経緯ですので、イグチさんには生地やパーツの代金のみのお支払いしかしていません。
一般に「あのデザイナーのジャケットが気に入ったから同じ感じのを作って」みたいな事はアリなんだろうという判断から製作をお願いしましたが、さすがにオリジナルの製作者の権利を侵害するつもりは全くありません。
ですから、イグチさんのショップamunuではこの道具入れの販売は絶対にありません。また、カスタムオーダーも一切受け付けていませんので、絶対にお問い合わせなさらないようにお願いします。

その代わりという訳ではないのですが、amunuさんでは新作の編み棒ケースとプロジェクトバッグ(編み棒、毛糸、編みかけのもの、その他をまとめて入れられるバッグ)をデザイン中だそうです。
市販の編み棒ケースでは「ちょっとイヤ」とか、金曜の編み物クラブに行くとき、道具を一式まとめて入れるバッグが欲しいわとか、ちょっと目を離すとワンコが毛糸で遊んじゃうのでリビングでTVを見ながら編めないの、なんていう方には嬉しいかもしれません。

さて前置きが長くなりましたが、以上のことを踏まえて以下の写真をどうぞ。
 

Continue reading

古布のショール  古布のショール

いつ作ったのか忘れるほど時間が経っています。
たぶん15年近く前じゃないかと思うのですが…。

表地は、古布や古着を専門に扱っているお店をたまたま見つけてぶらりと立ち寄った際に買いました。(前にご紹介した折り紙みたいなバッグの表地と同じ時です)
裏に使った黒い地模様の生地は、確か自由が丘の古道具屋さんで売られていたもので、幅が狭くて「いったい何に使われていたんだろう?」という生地です。

当初、黒の生地の幅に合わせて、表地は色々な古布のクレイジーキルトにするつもりでした。
しかし、自分のセンスの無さを忘れて無謀な行動をとった事をすぐさま後悔、軌道修正をしてこの作品となりました。

古布のショール

表の柄の入ったちりめんだけだと長さが足りないので、無地のちりめんを足しました。
普段、色彩のセンスも全く無いと自信を持っていえる私ですが、これは奇跡的にいい具合に色がマッチしたと思います。

古布のショール

長さ124センチ、幅29センチ

全て手縫いです。元々年代物の生地で弱っている部分があったのですが、使い込んでいるので穴が開きそうになっています。
なるべく雰囲気を壊さないような生地で弱ったところにアップリケをしようかと思っています。

靴下編み専用道具入れ製作プロジェクト進行中  靴下編み専用道具入れ製作プロジェクト進行中

昨日Amazonから待ちに待ったDVDが届き、今日は竹あみ針と手芸用品のお店 趣芸さんに注文した輪針と短針が届き、あとRSCのキットが来たら「盆と正月」だったんですが、RSCはまだ届きませんでした。

DVDの濃い話は別のブログで書く事にして、輪針と短針の話。
実は今、amunuのイグチさんにソックス編み専用の道具入れの製作を依頼しているんです。
自分でしばらく前に縫ったものは、一応機能してはいるんですが、中途半端で使い勝手が良いとは言えず。
それもそのはず、30センチ角で安売りされていたキルト用の生地で、それもいつ買ったかも忘れるほど昔のものなので好みが微妙に変わってしまい、なんだかなぁという出来なのです。

DSC04041
これが、なんだかなぁの写真です

左から二番目の輪針は試しに入れてみたんですが、実用には至りませんでした。
つまり、今は靴下専用棒針入れとして使用中です。

DSC04042

自分用の靴下では0?2号しか使わないので、それら全部と、伏せ止めに使うかぎ針、棒針ゲージ付の定規ぴったりのポケットを作り、残ったところは小物入れになるようにタックを入れてみました。

DSC04040
ぐるっと巻いて、スナップボタンでとめます。

そこそこ使えなくは無いんですが、海外のニット用バッグを作っているショップの品物を見て一目惚れしてしまいまして、それではこの機会にと、40センチ輪針0?2号を各2本、15センチ5本針の3号と4号を新たに購入しました。
最近、輪針2本で編むのが好きになったのです。また、大きい号数の棒針は、男性用サイズとか、普段は余り使わない太目の糸でざっくり編むとき、またはハイゲージのセーターやベストの袖や襟ぐり、あるいは手袋や帽子などの小物用にと、これから活躍してくれると思います。

という経緯で、これら全部を入れられるケースを、「一目惚れケース」に多少のアレンジをしたものを自分専用に製作して戴いている所です。
好みの柄の布も選ばせていただいて、これから私が細部の寸法を決めるという段階に入りました。
これだけ自分の好みを反映させていますから、当然最強ソックニッティングケースとなってくれるはず。とってもワクワクしています。

自分で縫ったらいいのにという声が聞こえてきそうですが、上の作品をご覧戴けば私の腕前は一目瞭然でしょう。
ここは細部まできっちりと綺麗に作っていただいた方がきっと長く使えると思い、バッグの製作販売をされているイグチさんに依頼したのです。
イグチさんのブログではバッグの有料パターン配布が始まったばかりですが、実はいくつかの型紙を無料で公開されています。ソーイングがお好きな方はぜひいってみてください。

イグチさんのブログ 柄にも無く手作り

どうやら私は道具馬鹿だったようだ - 前編  どうやら私は道具馬鹿だったようだ - 前編

新顔が加わったのを機会に、まとめてみようかと思います。
(既ににご紹介した物も含めています)

どこでも靴下編みバッグ

名前の通り、手首にぶら下げて駅のホームで立ったままでも靴下が編めるバッグです。

DSC03907

元は、LaneaさんのオリジナルデザインのSock Bagです。これはRavelry内のへ作品リンクですが、作り方は彼女のブログにあって、誰でも閲覧できます。
作り方その1その2
多分、おうちにミシンがあって、時々使っている方なら誰でも作れるレベルです。

私は、底を正方形ではなく、その半分サイズの長方形で作ってみました。
いや、なんとなく、真四角だと大きすぎる気がしただけです。
結局出来上がってみたら、編みかけの靴下と棒針と毛糸50グラムという組み合わせなら問題ないんですが、自分がそんな組み合わせでは滅多に編まない事に気づいていませんでした(^^;

しかしながら、おそらくオリジナルの形で作っても私が使うにはちょっと無理がありそうなので(理由は追々明らかになります)、再挑戦するときには色々と調整が必要のようです。

編みかけの靴下をどうにかするもの

もう少しましな名前は無いのかと自分でも思いますが、ネーミングは死ぬほど苦手なのでご勘弁を。
要するに、そのまま編みかけをバッグなり袋なりに入れると、編針が突き出てきたり、編地からはずれたりして困るので、それを防止する為の道具です。
靴下17号でご紹介したSock Keeperとはまた別のものを見つけて、発注をしていました。

DSC04079

参考までに、このような丁寧な梱包で届きました。

DSC04080

中身は至ってシンプル。説明書ときれいなラッピングを施された品物だけ。

DSC04083

名前はKnitzi(発音はニッツィでしょうか)。木製の筒の両側をやはり木製のネジで留めてあるという実に簡単な構造のものです。

DSC04084

ネジをはずしたところ。

DSC04087

片方のネジのネジ山の最後(一番薄い部分)が取れています。
私は気にしませんが、こういう事が気になる方は買わない方が良いでしょう。

DSC04088

Sock Keeperとの比較。
Knitziの方がやや小さいですが、これは私が良く使う16センチの短針にぴったりサイズのもの(6-inch Original Knitzi)を購入した為。
Sock Keeperはご覧の通りの構造なので、10センチぐらいから19センチまでを1つでカバーしますが、Knitziはサイズがいくつかあって、針の長さにあわせて注文をする事になります。

DSC04090

中に針を入れてみたところ。
16センチの竹針はギリギリ。15センチのローズウッドも隙間から出てくることはありません。
(多分14センチまでOK)

DSC04092

DSC04094

実際に編みかけをセットした場合の比較。
Knitziはもう少し手前のガセットを編んでいる時のような幅が広い状態でもらくらく。
Sock Keeperも糸のかけ方を工夫すればOK。

Knitziのネジ山がどれだけ持つかわかりませんが、孫子の代まで使えるツールとは行かない気がします。
Sock Keeperは糸が切れても手持ちの好きな糸を付け替えるだけなので、長く使えそうです。
耐久性を除けばあとはどちらがいいかは、好みの問題ではないかと思います。

これらを持ち歩くための最適なバッグとは

持ち歩いて編む為には、以下のものさえあればOK。
・編んでいる靴下そのもの
・編針
・Sock Keeper(あるいは同等の機能のもの)

で、先ほどのバッグにいれたらこうなりました。

DSC04093

この写真は編込みの靴下なので2色、つまり2種類の糸玉と編みかけの靴下という事になります。
私はプレーンな靴下でも、100グラムのかせを切るのが勿体無くて大きな糸玉のまま編むので、大体常にこんな容積のものをバッグに詰め込むことになります。

これでは「手首にぶら下げて」なんて絶対に無理。
で、オリジナルの正方形の底ではどうかと言うと、それでも窮屈そうな気がします。
というわけで、もう少し使い勝手を考えて、形や大きさを検討して靴下バッグ2.0の製作に取り掛かろうと思います。
あ、そうそう。せっかく使ったAmy Butlerの生地は可愛くて好きなんですが、猫の毛がごっそりついて取れないので、素材も変更するつもりでもうナイロン生地を買ってあります。
(一応ベビーロックが縫えるアタッチメントを持っているのだけど、専用のロックミシンが欲しくなっている今日この頃…)

Amy Butlerの生地4種  Amy Butlerの生地4種

ソーイング熱が冷めたわけではないんです。
編み物と違ってやる気だけじゃ始められないのがソーイング。型紙を選んだり、いろいろ計算したり。
そんな訳で、また一番簡単な材料集めをしちゃいまして(^^;
毛糸だけじゃなく、生地もだいぶストックがたまって来ました。

DSC02345s.jpg

Amy ButlerというデザイナーさんのLotusというシリーズだそうです。
ちょうど1週間前にオーダーして今日届きました。

どうもこっち方面は全く疎いので、アメリカのみならずひょっとしたら日本でも人気なのかも知れないですが、良く判りません。
ただ、KnittyとかEtsyのバッグ屋さんで、編み物道具用とかヨガバッグ、はたまたオムツ入れ、ママさんバッグなど良く見かけた生地が気になっていろいろと探していてたどり着きました。

こうした雰囲気の生地は他のデザイナーさんでも見かけたので、全米的にこういう柄が流行りなんじゃないかと勝手に想像しています。
最初はFat Quarterと呼ばれるはぎれを買うつもりだったんですが、なかなか好きな組み合わせのものがなくて、結局Half Yardというサイズ(幅110cm、長さ45cm)で買いました。1枚$4.5、送料は1枚だけだと$4.5ですが、2枚目以降は1枚あたり$2.5です。
こうして書くと品物の値段から考えてえらく高い送料になってしまいましたが、たぶん日本の輸入生地屋さんでこれだけ(4枚)買って約3000円ならまぁまぁなんじゃないかと…(全然違ったりして・汗)

ちなみにFat Quarterとは、1/4ヤード分の面積なんですが、流石に20センチそこそこで110幅では細長すぎるというわけで、上述のHalf Yardを縦半分の長方形(45×55)に切ったものなんだそうです。
中々面白いネーミングですね。

さてさて、これで何を創りましょうか。

生地の購入先: Fabric Shoppe (Etsy.com)

クールなマフラー  クールなマフラー

本日製作第2弾。

DSC03705s.jpg

ネーミングに困って適当にタイトルをつけてしまいましたが、要するに、熱さまひんやりベルトを自作しただけの話です。

これも、ひとつ前のエントリと同じ和雑貨のお店で見たものを、なんとか真似したいと思ったんですが、肝心の「冷凍庫でも固まらないジェル」だけの単体販売がなく、しばらく頭の中で留まったままでした。

先日、薬局でひんやりベルトの詰替えがあるのに気づいて、速攻で買って帰りました。
あとはよく水を吸うというタオルを内側に使い、お気に入りのチェックを表にして、寸法は、「ジェルを置いて」適当に計って決めました(靴下を編むときとか、大工さんと同じですね)
最後にマジックテープを縫い付けて出来上がり。
コツというほどではないけれど、タオル地とマジックテープが張り付くと嫌なので、硬い方(ループが切れている方)を表側に、やわらかい方をタオル地側に縫い付けると良いです。

DSC03704s.jpg

実はマジックテープの縫いつける場所を最後の最後で片方間違えました。毎度のことなのでこの程度では別に凹みませんが、その分手間がかかりました(笑)

タオル地が伸びること、ジェルに厚みがある事を真剣に考慮しなかった結果、見栄えがいまいちですが、人に見せて歩くものではないのでOKです。

古布のミニバッグ  古布のミニバッグ

某和柄雑貨ショップで見つけたんですが、下田直子さんの本に同じものがあったのを思い出し、早速その本を見ながら作ってみました。
ショップのものは、ベルトに通してウェストバッグとして使うようになっていたので、サイズが小ぶりでした。
私も久々の本格ソーイングですし、使える布もそう沢山はないので、同じぐらいの大きさで創ってみました。

ミニバッグ

上の写真は平らに置いた状態です。

DSC03701s.jpg

使うときはこのように、片方の持ち手をもう片方に差し込みます。
携帯、小銭入れ、ハンカチ、ティッシュぐらいは入ります。が、今回雑貨ショップでみたものとの最大の違いは脇のファスナーがないこと。
ファスナーがあればベルトにかけたままで中のものが出し入れできますが、私のものは無理です。
したがって、ズボンのベルトに下げて使うことは出来ません。
まぁ、私はめったにベルトをしないので、大丈夫なんですけど(笑)

持ち手部分のつくりの関係で、縫い方が少々複雑です。
これに関しては、本を持っていて良かったと思います。ショップで見ただけでは縫い方まではわかりませんので。
創り終えてよくよく考えてみれば、ジャンパースカートの肩のところとか、裏地つきのベストを縫うのと同じ要領だと思います。

表地
もう10年以上前のような気がしますが、参宮橋の灯屋というお店で買った何枚かのうちの1枚です。
布地の種類について不勉強なので、「たぶん紬」だと思います(^^;


DSC03703s.jpg

内布(写真上)
これまた数年前に目黒不動に来ていたお店で買ったものです。
とても薄いので扱いが難しかったです。表に使うなら当然薄い接着芯を張るんですが、今回は内布なのでそのままつかってみました。
見えないのにこんな布を使っちゃうところが、「和」の粋って事で。

以下の本の表紙にもなっている「折り紙みたいなバッグ」を参考にしました。

きものバッグがほしい―下田直子のembroidery
下田 直子
文化出版局
売り上げランキング: 58375

一度はまると、とめられない  一度はまると、とめられない

先週ぐらいからマジでやっている不用品の整理中に、数年着ていないけれど、捨てるには超もったいないスカートをどうするかで悩みました。
そういう事を言っているから「捨てられない人」からいつまでも脱却できないわけですが、本当に良いもの(お値段と質ともに)だっただけに、どうにか再利用したいと前から考えてはいたんですが、行動に移せずそのままになっていました。

しかし、なんと今回はちゃんとミシンを出し、テキストブックを見て、巻きスカートにリメイクしました♪

DSC03696s.jpg

元はギャザーたっぷりのレイヤースカートでした。
その1段目のレイヤーをはずして、ギャザー少な目の巻きスカートにしたんですが、なんと幅にして1メートル近くも布が残りました。
どんだけギャザーが寄ってたんでしょうねぇ(汗)

かつて、このブランドの店員さんが「古くなってもお家の中で着たらいいですよ」なんておっしゃっていましたが、そんなボリュームのスカートはこの年になると家の中ですら着るのが気恥ずかしいばかりでなく、裾裁きも邪魔臭くて家事には不向きなんですよね。
今回参考にしたパターンは山口れいさんの本でしたが、ギャザーを寄せてるし、巻きスカートだしって事で、直線のまま縫ってもあまり違いはなかったかもしれません(^^;

ま、久々のソーイングでしたので、まずはウォーミングアップという事でこんなもんで良しとします。
ただ、折角やる気が出たのでこれで終わりにするのが勿体無い気がして、というか一度エンジンを掛けたら止めないほうが良いのが判っているので、しばらくソーイングを続けるべく、買い込んであった生地を出してきたりパターン本を眺めたりして、いくつか候補を選びました。
その過程で、おバカな事件が発生しちゃいました。
数年前に神社の市で買った生地は元々作りたいパターンがあったのにそのままにしていたものだったんですが、今日生地が出てきて早速作ろうとしたら本がない(^^;
んー、どこにしまったか全然思い出せない…。とりあえず他のものを先に作ろうかな。

と言うわけで、またしばらく寡黙になるかもしれませんが、熱中症で死んだりはしてないと思いますのでご心配なく(笑)

バンダナキャップを作りたい  バンダナキャップを作りたい

春になって困った事。それは朝のゴミ出し。

わが鉄骨長屋は隔離されたゴミ置き場が無い。従って前夜から出すのは不可能です。
しかも商店街が近いからか、朝9時前(張り紙には8時と書かれている)には出さないと収集に間に合わない。
朝起ぎでっハァ(© IKZO)…じゃなくて起床後猫の世話(ごはんとトイレ掃除)のあとグズグズ食事なんぞしていると、あっという間に8時を回ってしまいます。
流石にパジャマに寝癖のままは外に出られないので、着替えて髪を整える。化粧は普段からしないから、ゴミ出しに関係なくスッピンです。

で、問題なのが寝癖。猫ッ毛の癖に強情で簡単に直らない。それに、朝っぱらから洗面所に立ってドライヤーをぶんぶん言わすこと自体がとにかく嫌なんです。

そういうわけで冬の間は愛用のニットキャップが大活躍してくれました。どんなにひどい髪型であっても、すっぽりかぶってしまえばもう判らない(笑)
しかし、これだけ気温が上がってくるとニットキャップはもう無理。コットンの糸でキャップを編もうかと思ったけれど、やっぱり暑苦しいのよねぇ。

それで、ブリムなしで簡単に縫えそうなバンダナキャップを作ろうと決意したのは良いが、探せど探せどこれはという無料パターンが見付からないのです。
もしバンダナキャップが載っている帽子のパターン本があったとしても、その他の帽子が作りたいものである可能性が低いので、もとから買う気はさらさら無く、それで困っているわけです。

別にキャップを縫わなくたってバンダナを頭に巻けばいいじゃないかと思うかもしれませんが、頭がとがっているせいなのか、何度やってもただバンダナを巻いたのでは格好悪く見えるんですよ。
それに、頭に巻くのにちょうどいいサイズのバンダナが無いし。
昔買ったマンハッタナーズの風呂敷とか、最近買った迷彩唐草の風呂敷とか、生地だけはもう用意できてるんですが(笑)

どなたか、よさげなバンダナキャップのパターンをご存知でしたら、是非教えてください。

追記:
ERのアンスポーやコーデイ、ロマノが手術中にかぶっている派手な帽子を、バンダナを巻いていると思っている方が一部いたような記憶があったので、ちょっとついでに御紹介。

scrubcap.jpg

これはロマノっちの後ろ頭です(笑)
ちょっと画像が暗いですが、普通のscrub capと同じ形で作られていて、生地が色々選べるようです。
通販で購入できるようですが、ERごっこをする気はないので買いません(^^;

近況  近況

knitting mojoが消えました。
ある人への誕生日プレゼントのつもりで作っていた靴下ですが、つま先半分で挫折中。
別のものを同時進行したら、少しは楽しいかと思ったら、必要な道具が無くて、がっくり。
道具を来週辺りに買うことができるかどうか、ちょっと微妙な状況。
でも材料は揃えちゃったし、自分用には絶対にできないので、クリスマスプレゼントに変更。

などといいつつ、懸案だったコンビニ袋を今作らねばこの先当分作らないという確信が有り余るほどあったので、昨日やっつけでひとつ作りました。

昨日作ったものたち

袋は試作品なのでいたって原始的というか、手提げ袋の基本形そのもの。
なんのひねりもありません。
布は贅沢にリネンで、持ち手はコットンにプリントが施されています。
あまりにもサッパリしすぎなので、アイロンで定着するインクを使って、スタンプでも押してみようかな。

ついでに、これも懸案だったTシャツのリメイクを少々。

2枚とも同じユニクロのラグランTシャツ(七部袖)です。
上のグレーにつけた布は水平が曲がってしまいました。
でもとりあえず直さない(笑)
最初は、木綿ちりめんをパッチワークして縫い付ける予定だったんですが、なんとなくこっちに変更してしまいました。

大好きな青のパッチワーク

下のブルーには、22年ぐらい前に姪のために作ったパッチワークの残り布。
ビンテージというには中途半端(笑)
暇なときに意味無くパッチワークしてあったものをすそに縫い付けただけです。

というわけで、当初考えていた和テイストのリメイクからかなり遠ざかってしまいました。
が、ずっとしまいこんでいたミシンを出して使ったという事に意義があったという事でよしとする(笑)

それにしてもやっぱり私ってセンスないわぁ(泣)
ま、いいか。作ってて楽しかったし。

それから、本題の近況です。
先週末よりタイトなスケジュールの仕事に突入しました。
ユーザが他のツールの使用開始日にあわせて終わらせろという理不尽な要望を出してきたので、一応抵抗はしてみましたが、覆ることはなさそうです。
(締め切り前に連休がありますが、休日出勤ができないので困ります)

そういう訳で、下旬ぐらいまでは、トラックバックの承認やコメントへのお返事など、忘れたり遅れたりいたします、絶対に(笑)

1

Home > craft addict > sewing Archive

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top