Home > internet Archive

1  2  3  4

internet Archive

buzztterが混んでいる時の画面がシュールだった  buzztterが混んでいる時の画面がシュールだった

  • 2009-09-21 12:40:56 (Mon)
  • 電網

ちょいとbuzztterを使おうとしたら…

連休中という事で、ブログの更新も少なくて「ああ、みんな行楽に出かけているのね、やっぱり」と思っていたら、こんなところが混雑とは…(^^;
という話を書いている私も同類ですが。

LOLinator  LOLinator

LOLinatorは、Webページをネコが乗っ取ったような感じに変換してくれるそうです。

どんなサイトも「ネコ化」するリ=レンダリング・エンジン『Lolinator』 | WIRED VISION

Lolinatorににかければ、どんなウェブサイトでも、HTMLがいたずらネコたちにずたずたにされ、組み替えられてしまう。その結果、妙な仕掛けだらけで、チョウの模様などの背景がついたおふざけページが誕生する。テキストはネコ語に変換され、画像までがすべてネコに変わる。

折角なのでネコ語に変換される様子をご覧いただきたく、多少なりとも英文が書かれているエントリを選んで変換してみました。

変換前のページ

変換後のページ

いかがなもんでしょう?

I am が i iz になるあたりは、クッキーモンスター風味ですな。

出来上がりのページに挿入されているネコ写真は、YouTubeで見かけたことがあります。

元ネタはLolcatの模様。
ということはYouTubeで見たものは、Lolcatの作者か不正利用者ってことでしょう。
「ネコ語が幼児語っぽいのはシモベがネコに対してそういう言葉遣いをするから」らしい。ふむ。

ウェブリブログが変だ  ウェブリブログが変だ

  • 2007-05-21 13:33:11 (Mon)
  • 電網

お気に入りブログはRSSリーダーで更新チェックをしているのですが、キョウコさんのブログからのRSSのはずのものが、ウェブリブログというタイトルに摩り替わっているのを発見。

# だって、未読100件っておかしいものねぇ

クリックしてみると、ウェブリブログのトップに移動しちゃう。
で、RSSのURLはキョウコさんのものなのにXMLの内容はウェブリブログの新着みたい。

さらにしつこく調べてみた。
キョウコさんのブログのトップにアクセスしてもダメ→ウェブリブログのトップにジャンプ
ウェブリブログのトップページの新着一覧を適当にクリック→ページがありませんエラー

どうも、ウェブリブログのサーバーに異変が起こっている模様。
でも、トップページには何のアナウンスもないですね。

どうやら気がついて記事をアップしている利用者もちらほら。
(新しい記事がアップできても過去記事が見られない模様)

それにしても、キョウコさんのRSSを勝手に新着RSSに摩り替えちゃったのは誰だ?
(RSSリーダーなのか、ウェブリブログ側なのか)

私が困っているのはその点だけなんですが(^^;
だって、RSSリーダーに登録したら、もうそのブログのURLなんて覚えてないっしょ。
それを上書きされてしまったら、ブログ名を頼りに検索してまた探し当てないといけないわけですよ。
でも165個のうち1個おかしくなったって、数日気がつかないかも知れないじゃないですか。

ま、どっちに問題があっても私にはどうにもできないけどねぇ。

(株)デジタルウェーブ  (株)デジタルウェーブ

  • 2007-04-27 08:50:10 (Fri)
  • 電網

digifa_image01.gif

私の元同僚、フツーの主婦で、とある郊外の瀟洒なレストランで清掃のバイトをされていたときに、うっかりパソコンというものに触れたのが運のツキ。
その時に商売の神様におかしな粉をかけられた彼女は、あっという間にPCの使い手となり、やがてはプログラマを経て、SEとなり、今では代表取締役。

自分の知人にこういう人がいるっていう事そのものが、嘘みたいですが、本当のお話です。
同僚だったときにも思ったんですが、彼女には人をひきつける才能があるんです。

時々こちらのサイトはこっそり覗かせていただいていたんですが、先日久々にいってみて驚きました。
桑田圭祐が、「ごーとおー花屋さんのぉー、スーイートーピー♪」(六本木のべんちゃん by 小林克也&ザ・ナンバーワンバンド)って歌っている、あの六本木の元防衛庁前にあるゴトウフローリストさんのサイトを手がけてたんですもん。

元々プログラミングにセンスがある方で、一緒にやったお仕事でも色々と勉強させていただきました。
そうそう、彼女と四谷の(今は無き)とある会社へ打ち合わせに行った日に阪神淡路大震災がおきて、二人で駅でスポーツ新聞を買って読みましたっけね。
あれからもう十余年…。
自分は全く成長していないような気がして恥ずかしくなってきたので、ここらで終わりにします(笑)

MTのちょっとした不具合を修正  MTのちょっとした不具合を修正

3.34にもなっててまだ不具合かよっ。

本日、TypeKeyにログインしてコメントしたにもかかわらず「承認されるまで待て」と来たもんだ。
オイラ、承認済みのコメント投稿者なんですけど (`m´#)ムカッ

以下の方法で修正。
小粋空間: コメント・プレビューの JavaScript エラーを解消する

そもそもはstyles.cssでアホほどエラーが出てるのでいーかげんにせぇよ、ゴルァと思って検索していたところだったのだが、その途中でカテゴリーやコメントのツリー表示がJavaScriptなしで表示できる事を発見。
一部のテンプレートに以下を使わせていただいております。
小粋空間: JavaScript 不要なサイドメニューのツリー化 for Movable Type

以上備忘録。

結局styles.cssのエラーに関しては何もできず本日は店じまい。
(エラーはすべてハックなのかもしれないけれど、良くわかんないので後日再度調べる)

毎度毎度小粋空間さんにはお世話になりっぱなし。
こちらのサイトをくまなく読めば他にも色々出てきそうですが、タダでさえ夕食を作るのも忘れて作業してしまってこんな時間になってやっと米を炊いているという体たらくなので、また何かあったらその都度調べますです。
あー腹減った。

サーバー移転計画  サーバー移転計画

  • 2007-03-29 22:46:00 (Thu)
  • 電網

ロリポップ!レンタルサーバーさん、お安くて助かっていましたが、もう我慢の限界っす。

まず、FTPソフトからの作業が話しになりません。
私の場合、帰宅後にメンテナンスを行うことが多いのですが、繋がる方が奇跡というぐらい繋がりにくいです。
Webのユーザー管理画面からFTPサービスを使うと何故かそこそこ繋がりますが、使い勝手が悪すぎて、ファイルのアップロードぐらいならいざ知らず、細かい作業には向いていません。

また、MTバージョンアップでは、旧バージョンのcgiやDBは残したままで、新しいバージョンを別のディレクトリにアップロードしたのですが、アーカイブを再構築したらデフォルトのディスク容量が一杯一杯になってしまいました。
そのせいもあってか、昼間でも再構築エラーが出たりして、もうお話になりません。
かといって、ディスク容量の追加をしようものなら、月額105円を支払うのにクレジットカードが使えず、コンビニ決済だと手数料が150円取られるという冗談のような事になります。
(注1 郵便振替や銀行振込みでもそれぞれに手数料がかかるはず)
(注2 私の場合なぜ105円かというと、あと1ヶ月でサーバーのレンタル契約が切れるので、それ以上の期間の申込が今はできないから。それにしても、小額だってスーパーなんかクレジットカード使えるのになぁ)

というわけで、昨夜ブチっと切れまして、ハッスルサーバーあるいはさくらレンタルサーバーを使ってみようかと思い立ったわけです。
また管理費が安いだけで飛びついたのかと言われそうですが、どちらも巷の評判はそこそこのようです。

ただ、両方をじっくり試してから移転という程気力体力がありませんし、どうやらハッスルサーバーは容量が固定みたいなので、管理画面が余程使い勝手が悪く無い限りはさくらにお引越しする可能性が(今のところ)濃厚です。

Continue reading

凶悪トラックバック出現  凶悪トラックバック出現

とにかくまず、以下のドメインからのトラックバックがあったら、即刻削除した方がよさそうです。

以下、ドメイン情報(ANSI Whois Gatewayにおける検索結果)
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] ABEEE.JP

[登録者名] hysmn Systems
[Registrant] hysmn Systems

[Name Server] ns1.abeee.jp

[登録年月日] 2006/09/09
[有効期限] 2007/09/30
[状態] Active
[最終更新] 2006/09/10 03:56:30 (JST)

Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] 株式会社 paperboy&co.
[Name] paperboy&co.
[Email] admin@muumuu-domain.com
[Web Page] http://muumuu-domain.com/?mode=whois-policy
[郵便番号] 810-0041
[住所] 福岡県福岡市中央区大名2-11-25
新栄ビル6F
[Postal Address] Shinei Bldg 6F, 2-11-25, Daimyo
Chuo-ku, Fukuoka-City, Fukuoka
8100041,Japan
[電話番号] 092-713-7999
[FAX番号] 092-713-7944

(どうやらムームードメイン利用者のようです)

「渋谷ではたらくギャルサー総長ブログ」という所から、スパムトラックバックをぶち込まれました。
まさにぶち込まれたというのがぴったりくるような、最悪のトラックバックです

内容の確認のためにリンク先を見に行くと、確かにそのblogはあるのですが、様子が変です。

理由1
ギャルサーでキャッシング地獄にはまったらしいが、なぜMovableTypeなんか使ってんの?

理由2
トラックバック内容のエントリタイトルとブログ名が逆
(ここでおかしいと思うべきだった)

理由3
とんだ先の内容と受けた概要は全く違った

で、トップページはどうなっているのかと、ついついblogのタイトル部分をクリック(MTでは大抵どのページでも一番上のblog名をクリックすればインデックスページに行く)したら、なんとブラクラだったんですよ。
私はSleipnirを使っていたので、速攻で閉じるボタンを押すだけで事なきを得ましたが、普通のブラウザだと、延々とアフィリエイトのクリックをし続けることになるようです。

なにせ途中で×を押して表示を止めても、1つでもちゃんと開いたウィンドウがあればそのスクリプトが恐ろしいスピードでどんどんウィンドウを開くのです。

リンクをクリックしてとんだ先は月別アーカイブのように見せかけていますが、どうもMovableTypeのテンプレを使った普通のサイトのようです。

トップページへのリンクのみならず、コメント、トラックバックなど、エントリの末尾にあるリンクもブラクラへのURLが埋め込まれています。
ブラクラにはJavaScriptが書かれていて、アフィリエイトのバナーそのものか何か(職場からは規制があって見られません)のページをポップアップする処理が永久ループで書かれています。

なお、このエントリは、同様のトラックバックで他の方が危ない目にあわないようお知らせする意味で書いています。
ですから、該当する方は絶対にどのリンクもクリックしない方が得策です。
また、関係ない人が面白がって見にいって酷い目にあっても私は一切関知しません。

なお、この件についてはバリューコマースに対して違反として通報しましたが、先方は対処その他個別に返答しないと言っています。

これって、1クリック1円とかの収入を不正に稼ごうとしたんでしょうか。
でもまあ、冷静に考えてみたら、こんな高速でとんでもない回数をクリックされたら、管理側から不正と指摘されないわけないと思いますので、とりあえずこの後は様子を見ます。

なお、履歴をみると、「少女が豊胸手術を決意するとき」なんていうページにジャンプしたり、A8.netの商材にも移動した形跡があります。

*すみません、トラックバックピープルの「アンチスパム・ピープル」に誤爆しました。頭に来ていたので焦ってました。管理者様、本当にごめんなさい。
 改めて、「スパムコメント」のほうにトラックバックしておきます。

FeedBurnerに新機能 フィード・フレア  FeedBurnerに新機能 フィード・フレア

ま、それなりに便利そうな機能なのですが、ニフティクリップβはその名の通りβ版なので仕方ないとして、BlogPeopleTagsとかがリストに入っていないのはちょっとアレかも。

ところで、ブラウザフレンドリで生成された画面が変です。

feedburner.jpg

説明とか見出しが全部英語。つまりFeedBurner.comと同じになってます。
それに右上のRSSリーダー登録用ボタン群も同様に日本のサービスが消えてますよね。
日本版はMy Yahoo!は紫の丸に黄色でMyと書いてあったはず。

フィード・フレア機能追加時になんかヤっちゃいました?

アプラグβのRSSヘッドラインを使ってみる  アプラグβのRSSヘッドラインを使ってみる

元々、有志の方のcgi(及びサーバ)をお借りして、Web(本家)サイトのトップページに、このblogなどの新着を表示していました。
しかし、たびたびのサーバーダウンで表示できない事があり、やはり自鯖にcgiを設置する方が安心という事で現在はレッツphpからお借りしたcgiをプチ改造して使っています。

それで特に問題は無いのですが、折角なので新サービスのアプラグβで表示してみる事に。

とりあえず、いくつかRSSを登録して、スクリプトをテスト用のページに貼って表示しました。
見た目には問題が無いのですが、どうしたことか、もともとサイドに記述してあったリスト(ulタグ使用)の表示が変わってしまいます。
丸ポチがついた一覧のはずが、一瞬ポチが見えてその後消えてごっつい左よりになってしまうのです。
アプラグβをはずすと元に戻るので、アプラグβの方に何か問題があるようです。

さてHTML Validかどうか、スクリプトから吐き出されたソースをチェックしてみます。
Sleipnirの「選択した部分のソースを表示」という機能を使用しました。
ただし、閉じタグやダブルクォーテーションはオリジナルとは異なる可能性が高いです(Sleipnirの仕様)。また、掲載するのは冒頭部分だけです。

まず1行目から脱力。

<TITEL></TITLE>

これなんですか? 
headタグ内限定のtitleタグだというなら、こんなところにあってはなりませぬ。
第一スペル違ってるし。この後にbodyタグは無いのでiframeって事でもないですよね?
それにタグを書いておきながら中身が空ですし。

その次にlinkタグを使って外部スタイルシート参照の定義を行っていますが、これもheadタグ内限定タグなので書く意味なし。
(意味なしなのが判っているかのごとく、その後のソースにはstyle定義が散りばめられています。それもまた変な話)
で、そのlinkの閉じタグの代わりに</p>が書いてあるのですが、もしかしたらこれが先ほどのul部分の表示がおかしくなる原因かと思います。
実際、スタイルシートを使わない設定にしたら、<link>?</p>までがごっそり消えていて、表示もおかしくなりませんでした。
(ただし、Sleipnirのソース表示は、実際には書いてある閉じタグやダブルクォーテーションが省略されて出てくる事があり、現時点ではスクリプトに問題があると言い切ることはできません)

さて、最大の注目点は一覧表示に表組み(tableタグなど)が使われていることです。
個人的な趣味ですが、表で無いものに表組みを使うのは好きではありません。CSSで幾らでも同じ表現ができるので、できれば避けて欲しかったと思います。

それから、CSSを自前で用意できる仕組みになっているのに、スクリプトのソース、あるいはclassやidの名称と意味などは全く公開されていません。
Sleipnirなどで覗き見できない人はどーしろと?

といった理由で、アプラグβのRSSヘッドラインというツールを使うのはしばらく見送りたいと思います。

余談ですが、ニフティクリップβ「ご意見・ご要望」のページのtitleタグが「人気のタグ」になってますよ。

知らぬ間に自分がスパマーに  知らぬ間に自分がスパマーに

写真blogからトラックバックピープルにpingが送信できなくなりました。
no japaneseというそっけないエラーが返されます。

これはmixiでも話題になっていたので、そうか私のもスパムと判断されるんだなと、すぐに理解しました。
だいぶ前にはなりますが、Photo Fridayのトラックバックピープルにpingを飛ばしたときはエラーにはなりませんでしたから、それ以降に対策が施されたのでしょう。

写真blogのテンプレートは、本来のblog使い方ではないので、「そんなん知らんわ」といわれても仕方ありません。
本文には写真を埋め込むタグしか記述しないという構造なのです。
(追記には自由に文章を書き込めます)

でも、本当に「本文がない」とか「半角英数のみの本文またはタイトル」がNGというのは、スパムと判定する条件としては少し厳しいんじゃないかなぁと思ってしまいます。

たとえば、上記の条件に当てはまっても、一定時間に複数のpingを大量に送ってきたらその一定数以降ははじいて、あとは人間が目視で削除していくとかは出来ないんでしょうかね。
あるいは、せめて追記までチェックするとか(^^;

とりあえず、写真blogからはトラックバックピープルにpingが送れないので、リンクのページから全てはずし、各カテゴリにつけておいた自動トラックバック先からもはずします。
おそらくは他の同様な対策をしているblogにもトラックバックを受けてもらえないと思うので、全面的に受け付けない事にします。
(私信:すみません、だいせいさん。そういうわけで、やっぱりトラックバックはお受けできません)

1  2  3  4

Home > internet Archive

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top