Home > myoma of the uterus Archive

1  2  3

myoma of the uterus Archive

「おなかくるり」ができました  「おなかくるり」ができました

現在「ほぼ日ハラマキ」の愛用者である私がこんな記事を書いても説得力がないのですが、購入する側として考えると、選択肢が多いほうが好みに合わせやすいと思うので、早速ご紹介しようと思います。

「地球洗い隊」から、「おなかくるり」という腹巻が発売になりました。Sunny Daysというブランドで、これまでは布ナプキンがメイン商品でした。

おなかくるりは、こんな感じの商品です

(画像クリックで販売サイトに移動します)

お値段は「ほぼ日」よりリーズナブルです。その代わりサイズ展開がないそうです。
本当はぜひ購入して、使ってみての感想を書きたかったのですが、「ほぼ日ハラマキ」が気に入っていくつも在庫を抱えていまして...(^^;

ほぼ日ハラマキ」も、そろそろ発売が始まるようですが、あちらの物とちょっと似たデザインがあるのが偶然なのかどうか...。
どちらも好きな人たちが作っているものなので、良い意味で競い合って、個性的な物を私たちに提供していただければと思います。

あ、忘れていましたが、腹巻を応援するのは、子宮筋腫の大敵ともいえるのが冷える事だからです。
家でもオフィスでも、遊びに行くときでも、こんなカッコイイ腹巻なら大丈夫。自分の健康を「見栄」で損なうのはもう終わりにしましょう。

今日は子宮の日でした  今日は子宮の日でした

えーっと、実は年に一度の検診、まだ行っていません。
昨年12月の予定だったのに(汗)
いろいろタイミングが合わなくて…というのは言い訳にすぎず。ちゃんと行かなくちゃね。

私は子宮筋腫で全摘してますが、この手術のとき特に何も言わないと子宮頸も一緒に摘出するのが一般的なんだそうです。
ですので、子宮体癌、子宮頸癌ともに私は心配しなくて良いのだと思いますが、一応今度お医者さんに行ったら確認しておかないと。
(っていうか、自分のことなのに良くわかってなかったのがちと恥ずかしい)

で、あとは卵巣の日ってたぶんないと思うので、というか病院にいったら卵巣も一緒に検査してもらえるはずなので、お忘れなく。
私もまだ2個とも健在なので、今後も内膜症による癒着等は要注意なのです。卵巣の役目が終わればその心配もなくなるわけですが、それはそれでまた更年期障害が始まるかもしれないわけで…。

ま、余計な心配をする前に、検診でっせ、みなさん!

今日は子宮の日だったらしい  今日は子宮の日だったらしい

私から言えることは、年に一度は子宮体がん、子宮頸がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫などのチェックのために、是非皆さん婦人科へ行きましょうという事だけです。

内診が嫌だと思う気持ちは良くわかりますが、でも頑張って行ってください。
怖いのなら医師や看護師にそういえばいいのです。
それで四の五の言う病院などその場で受診を拒否して帰ればいいのです。
(わざわざ喧嘩をする必要はありませんけど)

それから、婦人病特約が付いてなくてもいいから、とにかく保険に入って置いてください。

それでは皆さん、子宮と卵巣をお大事に。

術後1年  術後1年

今日で子宮全摘の手術から1年経ちました。
なんだかあっという間です。

傷跡はケロイドになり、未だかゆみを伴いますが、姉も長い間同じような状況だったと聞いているので、皮膚科への相談はもう少し待ってみようかと思っています。

入院中の日記を公開したいと思っていながら、ついつい汚い手書きを読み直して転記するのが面倒で先延ばしになっています。
何とか桜の咲く頃までに書き終えたいと思っていますが、さてどうなりますやら(^^;

ちなみに、医療費控除の申請は今回の確定申告にて行う事になります。
高額医療費の戻りはすぐに手続きができるためつい終わった気がしてしまうかと思いますが、私のように1年の早い時期に手術を受ける方は、翌年まで書類等をなくさないよう気をつけてください。
当然ですが、申請する事そのものもお忘れなきよう。

高額医療費の請求  高額医療費の請求

今回は国民健康保険の高額医療費申請のお話。

子宮筋腫とわかってから、多数の経験者の方の手記を読み漁ったので、すぐに高額医療費支給制度というものがあることを知りました。
ですから、12月の入院では支払総額が8万を切っていたので適用外でしたが、1月の本番はがっつりいただけることが判っていました。

昨年の12月25日、いよいよ手術の日を決めるときは、とにかく月跨りでの入院にならない様に祈っていたぐらいです(笑)

ところが、当然希望日を言って調整させてもらうつもりが、いきなり主治医の口から入院日を告げられたので、少々慌てました。
「自分が考えていたよりも時期が早まった事」にもびっくりでしたが、「退院が翌月になるんじゃないかと思って」動揺したのです(^^;

そこで思わず口をついて出た言葉が「えっと、先生それで退院予定日はいつになるんでしょう?」
先生はその時どんな顔をしたか覚えていませんが、「18日に入院、翌日が手術で、その後10日間だから…退院予定日は29日だね」と仰いました。

というわけで、今に至るのですが、この高額医療費、もらうのがちと面倒。まず、自分から社会保険事務所に出向いて用紙をもらう必要があるらしい。
ウチは一番近いところって何処かしら?と社会保険事務所を探すためにネット検索をしていたら、社会保険庁のサイトにPDFがありました。
これをダウンロードして印刷後、必要事項を記入して社会保険事務所に行けば1回で済むわけですね。
社会保険事務所なんて、近所にある人は稀でしょうから、これは有難いです。

とかなんとか言いつつ、面倒くさくてダウンロードだけしてそのままになっていたんですが、そろそろ暖かくなって来た事だし手続きをしましょうかねと思っていたわけです。

すると、昨日区からなにやら封書が届きまして、開けてみたらば高額医療費申請書が入っていたんですよ。
それも、支給額など必要事項が殆ど記入されていました。

どこかの方が「こういう制度があることも知らずに申請していない人に、受給資格があるという連絡もしてこない、取るものはがっつり取りに来るくせに」みたいな事を仰っていたので、本当にそうだなぁ、医療費については把握しているんだから、そっちから連絡してきたっていーじゃんって思っていた訳ですが、やっとやる気を出したって事でしょうか?

適用する人にお知らせを送付するようになったっていうのは全国的にそういう決まりになったんですかね。全然知りませんでしたけど。

ま、ともかくも申請書に住所その他何箇所か記入し、受給金額を確認、振込先(何故か郵便局がNG)の申請書に署名捺印、この2通を郵送すればいいだけ。(切手は自分で用意)
私のお得意の「先延ばし」を回避できまして、大変ありがたく思っております。

結局、入院費約30万円のうち12万円ほどが戻ってくる事となりました。
(差額ベッド、食事は高額医療費の対象になりません)
今回自分のうっかりで入院保険がもらえないのですが、高額医療費の支給のお陰でだいぶ助かりました。
医療控除に関しては来年の申請ですが、更に助けていただけるはずと信じております(^^;

なお、今後入院する予定があって、おそらく 高額医療費の申請をするだろう事がわかっている場合は、「限度額適用認定証」というのを申請すると良いそうです。
この認定証を入院時に提示する事によって、各世帯ごとの医療費の自己負担限度額以上を払わなくて済むのだそうです。
つまり、退院後に高額医療費の請求をしたり、貸付をお願いしなくていいんですね。特に貸付は実際にお金が貰えるまでに時間が掛かってあんまり意味無いっていう話を小耳に挟んでいたので、これは助かりますね。

この認定証の申請の手続きなどは、自治体ごとに違うかもしれないので、各自役所の関係先に問い合わせてみてください。

腰痛  腰痛

時期的にはちょうどブルーデイ。
と言っても周期がずれてなければの話ですが、今となっては確認のしようが有りません。
厳密に言えば、婦人体温計を使えばある程度特定できるだろうけど、面倒なのと体温計が高いのでやってません。

で、だからなのかどうか、夕方から腰痛です。
最初は、ちょっとトイレを我慢しちゃったので、それで腰に鈍痛があるのかとか、お腹にガスがたまっているんで、それでかなぁとか思ったんですけど。
内膜症があるので、完全に排卵が無くなるまではPMSは無くならないのかも。
どれが原因かはわからないので、とりあえず記録。

術後明らかに貧血が治ったとか言う実感がないので、何年も中断したままの献血に再チャレンジしたいのだけど、近くに献血ルームが無いのでとっても不便。
こんどの職場には来なくなっちゃったし。
今度新宿か渋谷に行くとき、絶対に献血ルームに行こうと思っています。

はっきりと変化を感じられるのは、仕事で一日中座っていると、いつもは夕方に足が浮腫んで靴下が食い込んでしまっていたんですが、今はそうではない日が多いです。
これは明らかに違うと感じます。
が、その一方で体重が急に増えたりする日があって、そういうときは大抵体内の水分が上手く排出できていないように思います。

まあ、手術したからって劇的に変化が起こると考えるのは甘いって事ですわな。
とりあえず頻尿や尿漏れはなくなったわけだし。
お通じは未だ安定しません。

実は先日快気祝いという事で、知人と食事に行った折、少し食べ過ぎたなぁと思ったら翌日から便秘してしまって、お腹が痛くなりました(^^;
激痛とかそういうのじゃなくて、いつも朝出るものが出なくて苦しいという感じですが。
それも月曜の朝にはすっきり解消したんですが、今日は下痢だったりして、どのぐらいなら食べていいのかの加減が難しいです。
加減と言っても、すごくお腹が空くのに我慢したら倒れちゃいますしねぇ。

祝卒業  祝卒業

今日で退院後5週間が過ぎました。

先週の木曜より仕事に復帰しました。
その前日はちょっと遠くの公園へ出かけ、7千歩以上歩きました。
帰宅後は疲労感がたっぷりで、翌日からの出勤に備えたはずが裏目に出たかも…なんて思ったんですが、ゆっくり入浴して眠ったら大丈夫でした。
(流石に筋肉痛は避けられませんでしたが)

職場では、椅子を立ったときにちょっと傷の辺りが引き攣れるような痛みがでました。
これは今日も感じていまして、どうも食べすぎか椅子に座るときの姿勢か、どちらかが関係ありそうです。

さて、今日は大荒れの天気です。
(天達天気予報士が春二番とか言っていた)すごい風の中、病院まで徒歩で行ってきました。

ちゃんと受付時間前に行ったにもかかわらず、掲示板にはまだM01と表示されています。私の受付番号はP01。
PってMNOの次でっせ。大抵アルファベットごとに2人?3人の連番が振られている(仕組みは全くわからず)ので、こりゃあ相当待つのだなぁと覚悟。
ソファの上を裸足でママに支えられつつアンヨしている男の子を眺めたり、入院中のメモを読み返してみたり。

10分ほど経った頃、M02に表示が変わっていました。
やれやれとため息をついたそのとき、「神渡さん、診察室へどうぞ」って名指しで放送が。

あれれれ、順番無視?
それとも表示システムが故障?
(後者の可能性が高そうですな)

とにかく、いそいそと診察室へ行くと、主治医のS先生がニコニコ笑って待っていました。
予約したときに、次も診察は無口でちょっとクールなO先生だと思っていたので、S先生に会えてちょっと嬉しい。
なにより、元気なところを直接主治医に見てもらいたかったので。

先生は私が椅子に座る前から「その後はどうですか?」と声を掛けて来ました。
そんな風に聞かれたら「ええ、そりゃあもう」って、ついつい優等生的なお返事を返してしまうではありませんか(^^;
細かい事を言ったらまだ何となく傷が痛むこともあるけれど、普段の生活には支障は無く、自分自身「手術後だから」という前置き無く行動していることにふと気づいたぐらいなわけで。

「じゃあ、もう卒業って事でいいと思うけど、一応卒業記念って事で診ておきましょう」
という訳で内診。
卵巣の腫れもなく、傷もすっかりいい状態になっているというお墨付きを頂きました。
確かに、内診のときにお腹の中に異物感が無いのがわかるんです。(巨大筋腫持ちで内診をされた人しかわかんないと思いますが)
すごく変というか不思議でした。

「もうスポーツや旅行をしてもいいんですか?」と聞くと「もう、なーんでも。普通にしていいですよ」とのお答え。
でも今腹筋できるかというと、チョー怖いんで、自主規制(笑)

念のため半年後にまた来てねといわれ、おおお、運がよければまたS先生の笑顔に会えるかもしれないと、嬉しくなりました(単純)
今後は子宮の病気の心配は無いけれど、卵巣が残っているので、婦人病の検査は定期的に行いなさいとの事でした。
そういう事で、半年後の検査からは以前の掛かりつけに行っても構わなかったみたいです。
でも、ここの方が近いし、S先生にも会いたいので半年後まではこちらの病院に行く事にします。

診察室を出るときはお互いがニコニコ。
ドクターたちは、毎日いろんな患者さんに接しているわけで、たまには私みたいな患者に会ってもらって、先生に「ああ、産婦人科医でよかった」と思ってもらわないと、と勝手に屁理屈をコネコネしながら帰宅したのでした。

お腹壊しまくり  お腹壊しまくり

退院後4週目です。

先週、円熟という黒ビールをコンビニで発見し、術後1ヶ月祝いを行いました。
祝いと言っても一人だし(情けねぇー)特にご馳走と言うほどのものを作ったりはしませんでした。
が、流石に毎日家にいると殆ど主婦みたいな感じで昼間に買い物に行っては「あら、いちごが安いわね」なんてつぶやいたりしておりまして、料理本をめくっては「今日はこれだ」とか、3分クッキングを見て「早速作るわよ」とメモったり。
で、前日に作った「きのこの当座煮」がことのほか美味しくて、ガンガン食べたせいなのか、それとも祝いのつもりで飲んだビールがまだ私の体にはいけなかったのか、翌日から今日まで下痢気味なのが治りません。

飲んだ翌日は、お腹だけじゃなく何となく変な感じがしたので、ひょっとしたらお酒を受け付けない体になってしまったのかも。なーんて考えてみたり。

それ以外は実に楽しい毎日です。
それと言うのも、やるべき事(確定申告とか、入院の記録を書くとか)を後回しにする悪い病が再発して(笑)編物ばかりしているから。
好きな事をやりたい放題なんだから、楽しくないわけが無いですわな。

実は入院直前にも、小物を何点か編んでいます。
入院の準備という事で余裕をもってお休みをいただいたんですが、去年の12月の入院が予行演習になっていて、支度が思ったより早く済んで時間が余ったのです(^^;
それらの詳しい話はまた別のエントリにて書く予定です。

昨日、美容院に行きました。手術前に行ったきりで髪がかなり伸びてきていたのです。
シャンプー台に座ってもお腹は痛くありませんでした。

その後、渋谷へ行きました。会社に行く日はパンツスタイルが多いのですが、どうしても傷が当たってしまうので、スカートを物色しに行ったのです。
カジュアルデーが廃止になってしまったので、それなりにキチンと見えるスカートがでないといけないのですが、そういうものでおヘソ付近を締め付けないようなデザインのものを殆ど持っていないのです。
結局、お気に入り(というか、ちゃんと探さないからそこぐらいしか知らないだけなんですが)のブティックでスカート1枚とパンツ2本、定番カットソーを2つ買って帰ってきました。
赤札がさらに30%オフだっていうので、ついパンツも買ってしまいました。店員さんは「こんなに安く売るのはお店としても初めてのこと」と言っていました。暖冬の影響だそうです。

あ、そうそう。
現在、痒くて傷を掻き毟りたくなります。多分、傷に下着が当たって擦れるのが原因だと思います。
でも、「エフシート」という、葛きりにそっくりのシリコンゲルシートとかいうものを貼っているとあまり気になりません。
エフシートの存在は入院前の調査中に知ったのですが、とある病院では退院時に貼るように言われるらしいです。
私の病院では特に主治医から貼るようにとは言われていません。
傷が綺麗に治るかどうかは判りませんが、少なくとも痒いのが軽減されるし、パンツをはいたときにファスナーで圧迫されるという感じもしなくなりました。
(結局、スカートを買いに行った意味がないような…ハハハ)

術後1ヶ月となりました  術後1ヶ月となりました

えーっと、退院後3週目か?
いいかげん面倒になってきたというか、特に大きな変化も無くなってきたので、1週間分をまとめて書きます。

傷の表面は2?3ミリ幅で赤くなっている。
これが、腹が出ているせいで広がっているのだとしたら、左右から寄せてテープでも貼らないと、そのままの幅で治ってしまうか、あるいはそのうち裂けてしまったりするのだろうかと、勝手に想像が膨らむ…むぅ。
見えない部分、つまり皮下で縫われている部分に関しては、上から触るとまだゴツゴツしているのが判るので、糸が解けていないのだろうと思う。

あとは、排卵痛なのかわからないけど、それらしき場所がチクチクと痛む日もあったりしたけれど、殆ど毎日普通に過ごしていた。

そして、今日が術後1ヶ月ということで、布団の上げ下ろしなど、腹圧のかかることも解禁。
でも実は数日前に、猫の御飯(1つ4kgが2つ)を天袋にあげてみたら、胸の高さぐらいはなんてことないのだけど、それより上に持ち上げた瞬間、「あ、腹筋が裂けるかも?(かなり大袈裟)」な感覚に襲われたのでした。
なので、なるほど急いで社会復帰などして無理をすると、むしろ完治するまでの時間が長く掛かるかもしれないなぁと思った次第。

お腹の調子はなかなか順調。
食事をしただけで疲れて昼寝なんてこともない。
一番の問題は怠け癖がついてきて、あと十日で療養が終わるって状況にないような気がしてきていること(笑)

腹が減る減る  腹が減る減る

2/6 退院後8日目
前日たくさん歩いたので、疲れが出て一日中家の中で過ごす。
たっぷり時間が有るのに、何かしたかというと特に何もしてない。
処方された漢方薬を飲み始めたけれど、まだ効いて来ず、朝のお通じは辛かった。

2/7 退院後9日目
薬が効いてきて、お通じは少し楽になった。
許可が出たのに気良くして、前夜入浴したのがいけなかったか、なんとなくだるくてこの日も外出せず。
買い溜めの食料品が仇となった。

2/8 退院後10日目
お通じ前の腹痛は殆ど消えた。
朝食のクロワッサンを買いにパン屋さんまで行った。
2041歩

2/9 退院後11日目
お腹はもう痛くならない。
ふと気づくと、自分でもあまり意識することなく放屁できていたりして(^^;
お通じも苦労しなくてもよくなってきた。これは薬のお陰なのか、乳酸菌飲料の力か、それとも傷が治ってきたからなのか。
体は何となくだるい。
たいして動いていないのにだるいのは、傷を治そうとしてエネルギーを消耗しているのだろうと勝手に解釈。
外出サボり。

2/10 退院後12日目
スーパーでなぜか青唐辛子を見つけ購入→とりぱんクッキング用。
近所のスーパーには青唐辛子はあったが、米麹が無かった。
ニラレバするつもりでレバーを忘れたので、一旦家に戻ってから、たまに行く別の商店街に出かけてみる。
しかし、良さそうなレバーが無くあきらめて帰宅…の前にお腹が空いてたこ焼き6個入りを買って帰る。
3時ごろおやつも食べたのに、食べすぎだよねぇとかなんとか言いつつ、これも傷を治すのにエネルギーが必要なんだと勝手に解釈。
歩数計を忘れたけれど、おそらく3000歩程度。

2/11 退院後13日目
麹を買うために遠いほうのスーパーへ行った。
もう、月曜に病院に行った時から、ほぼいつもどおりのスピードで歩けるので、セーブせず歩いてみた。
結局、片道15分強、買い物30分程度、計1時間弱を歩いても、特に問題なし。
って、これだけ書くともう社会復帰できるじゃんって言われそうだけど、それは未だ無理。
4795歩

2/12 退院後2週間
昨日たくさん歩いたわりには疲れていない。
でも、やる気がでなくて家事をサボったって事は、やっぱり疲れてるのか(^^;
午後、夕食のおかずを買いにスーパーへ。
お魚がどれもこれも美味しそうに見えて(実際はそんなこと無い)買いたくなるのを我慢。
1202歩

退院時より体重が増えてしまい、やっぱり食っちゃ寝だものねぇと諦めていたんですが、その上食欲が以前より増してきて、毎朝体重計に乗るのが怖いです。
今のところ、何とか入院前よりは少ない体重をキープしています。
くしゃみも咳も普通に出来ます。
まっすぐ上を向いて寝ている状態で腹筋を使って起きても問題なし。
気のせいかもしれないけれど、以前よりは朝の目覚めがすっきりしているかも。
前は前頭葉辺りがすっきりしないことが多かったんですが、それが無いのです。
(十分睡眠がとれているからというだけでは無いような気がしますが、あくまで体感)

1  2  3

Home > myoma of the uterus Archive

Search
CC Licence

Creative Commons License

This blog is licensed under a Creative Commons License.

Feeds
Counter

o-ume8 COUNTER

Return to page top